サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

カテゴリー「Deep Purple」の1件の記事

2010.11.06

想い出のブートレッグ、ディープ・パープルの Perks and Tit

●ディープ・パープルのファンならお馴染みのディスクだと思いますが。

Perksandtit_cd

 アナログ時代に、ブート界の名門TAKRLからリリースされたディスクで、1974年4月9日のサン・ディエゴ公演のライブ。その音源を、Sonic Zoom 社が権利関係をクリアした上でオフィシャル・ブートレッグとして2003年にCDで復刻したもの。。Wikipediaに項目があるくらい、その筋では有名な盤。

 自分がCD復刻を知った時は微妙に高かったですが、安いシールドの新品見つけたので購入。もう彼らの音楽にはほとんど興味はないんですけど。

Perksandtit_vinyl●ブートレッグという世界を知ったのが中学生の頃。お小遣い依存の子供の財力で買った数枚のブートの一つ。もちろんビニル。まだ持ってます(左)。
 買ったのはたしか西新宿にあったキ○ーだったか。伏せ字にしても意味ないですが(笑)。2000円程度でしたか。そうでなければ子供には買えません。おかげで、ロクでもない人間になりましたが。

●今みたいに情報なんて何もありませんから、もちろん不見転買い。

 でも、聴いて驚きました。音良し、演奏良し。スタジオ録音より数段狂気じみた雰囲気の Burn は繰り返し聴きましたなあ。「すっげー」って感じで。ここで聴けます。

●TAKRL盤は、サン・ディエゴ音源4曲の他、3日前のカリフォルニア・ジャム音源(Smoke on The Water)と当時アメリカではレアだったスタジオ録音(4曲)入りでしたが、このCDはサンディエゴ音源のみ収録。
 ただし、Smoke on The Water はちゃんとサン・ディエゴ音源に差し替えた上で、ラストにLP時代には未収録の Keyboard Solo を追加して全6曲。解説によると他の部分は録音はされたものの紛失されたそうです。いかにもブートっぽい音の雰囲気はそのまま残った復刻。

Perksandtit_cd_in●デジパックで内側に詳細な解説付き。カバー違いの2ndイシューもあり音はリストアされてるそうですが、Perks and Tit はこのカバーでないと雰囲気出ません。
 復刻に使われたカバーの色は自分の持ってるLPのそれより色が白いのですがいくつかのバージョンがあるのでしょうか。よく見ると復刻に使った元素材にあるカビが目立ちますけど。

 TAKRL盤からカットされた曲のクレジットはカバーの表記からもしっかりカットされてます。まあフォトショップがあればわけない作業なので。最後のふざけた一文 THIS RECORD SOUNDS BEST WHEN PLAYED FOR YOUR NEIGHBORS はそのまま残ってます。私はチキンなのでそんな大音響でかけたことありません。

 TAKRLとTMOQはいい仕事してました(同系列ですが)。余談ですが、Google で TAKRL を画像検索するとすごいことになります(笑)。

●解説によるとLPがアメリカで発売されたのは1975年。ということは自分は直後に買ったのか・・・ふーん。

 パープルのCDはオフィシャルの Made in Japan についで2枚目。なんちゅう歪んだコレクション。

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アルバム(作ってみました)