サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« 2015年5月 | トップページ

2016年8月の記事

2016.08.08

クラプトンの06/07ツアーから、J.J.ケイル参加のサン・ディエゴ公演のライブ盤が正式発売

⚫︎スティーヴ・ジョーダン/ウィリー・ウィークスというリズム・セクションに、ドイル・ブラムホールとデレク・トラックスという2人の素晴らしいギタリストを擁した、クラプトン聴きにはもはや伝説感のある2006/2007ツアーですが。そのツアーのライブ盤の発売が突然発表されました。しかもJ.J.ケイルが唯一参加した2007年3月15日のサン・ディエゴ公演の完全版です。発売予定は9月30日(国内盤未定)。

Eric Clapton Live In San Diego With Special Guest JJ Cale
Eric Clapton Live In San Diego With Special Guest JJ Cale

⚫︎あれだけ素晴らしかった2006/2007ツアーの公式音源ですが、残念ながらツアー本体のライブ盤は未発売。サン・ディエゴ公演は録音・撮影されたという話を聞いたものの(一部はJJへのトリビュート・アルバムのプロモ映像で使われてました)、映像でのみ発表されたのは、同じメンバーにスティーヴ・ウィンウッドらが加わった2007年7月のクロースロード・ギター・フェスティバルでの演奏になってしまいました(これも素晴らしかったですけど)。レコード会社の偉い人は、同じような物を二つ出しても仕方ないという判断なのでしょうけど。

ファンの高音質な私的ライブ録音で溢れかえる最近ですが、こういう大事な公演にもかかわらず、この日の客録音源は質の良くないものしかなかったので、正式盤の高音質で拝めるのはとてもありがたいです(もっと色々出してくださいね)。

⚫︎今回のリリースは残念ながら音のみで、映像のリリースはなし。商売気がないというか。今回はプロモーション用にAnyway The Wind Blowsのフル映像が公開されましたが、これ見たらファンは全部見せろやと思うに決まってるでしょうに。


 J.J.ケイルが参加したのは、中間のシットダウン・セットの5曲。近づいてカルテットのように演奏する4人の目線を捉えた瞬間は見物です。客撮りの映像を見るとコカインではECは完全にJJの方に横向きになっちゃってます。

⚫︎もう10年以上前の公演。時が経つのは早いです。1年2ヶ月ぶりの更新でした。

Eric Clapton Live In San Diego With Special Guest JJ Cale

01. Tell The Truth
02. Key To The Highway
03. Got To Get Better In A Little While
04. Little Wing
05. Anyday
06. Anyway The Wind Blows (with JJ Cale)
07. After Midnight (with JJ Cale)
08. Who Am I Telling You (with JJ Cale)
09. Don't Cry Sister (with JJ Cale)
10. Cocaine (with JJ Cale)
11. Motherless Children
12. Little Queen Of Spades
13. Further On Up the Road
14. Wonderful Tonight
15. Layla
16. Crossroads (with Robert Cray)

« 2015年5月 | トップページ

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アルバム(作ってみました)