サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月の記事

2013.11.24

ポール・マッカートニー、11年ぶりの日本公演を見る

Outtherejapan●90年、93年、02年に続く4度目の日本ツアー。今回東京の初日と2日目を見ました。これまでの日本公演は全回見てますがどれも1公演しか見てないので、複数公演見たのは今回が初。前回の日本公演からは11年。Figure of Eight で始まったソロ初来日公演から23年ですから本当に時の経つのは早いです。

 巨大なドームがびっしり満杯。ステージが見えない場所までお客さんを入れてる状態。前回は当日券でも入れたように思うのですが。当日ふらっと出掛けて最終日も見ようかなと思っていたら甘かった・・・でも東京2日目と他の日に行った人が一番多くの曲を聴けたと思って慰めました。

●さすがに71歳ですから声は細くなってるし、高音はかなりキツい感じです。今年のボナルー出演時のストリーム音源でオープニング曲の Eight Days a Week を聴いた時に、他のメンバーのボーカルがかなり被ってポールの声が埋もれているような感じだったので、声の衰えをカムフラージュするためにこういうふうになってしまうのかな、とちょっと寂しかったのですが、実際に現場で聴けばそんな思いは吹っ飛びました。というか、Eight Days a Week ってビートルズ版はレノンの声が目立つ曲なので、違和感が大きかっただけかも。

●35曲以上のセットは見返すと目眩がするよう。有名曲で聴き惚れてしまうのはもちろんなのですが、適当な鼻歌みたいな All Together Now ですらあんなに面白く聴かせてしまうのは流石。 Ob-La-Di, Ob-La-Da の底抜けの幸福感とか最高。完全にレノンの世界みたいな Being for the Benefit of Mr. Kite! ですら、自分の曲のように料理してしまうわけで。例えば、ジョン・レノンに逆のことができたのかと言えばかなり怪しい(他人様の世界なんて知ったこっちゃないのがジョン・レノン様)。ペッパーからは、自分の Lovely Rita も先にやってちゃんとバランス取ってるのも抜け目ない(笑)。

 驚くべきは、オリジナルの演奏から受ける印象がどれもそのままちゃんと再現されてしまうこと。そういうことが、例えば他の60年代からずっと活動してる人達に出来ているのかと言うとノー。異論は認めない(笑)。ディランだってクラプトンだってストーンズだって、今の彼らは昔とはかなり違います。でも、ポール・マッカートニーはずーっと同じまま。Live and Let Die なんて何十年も同じようにできるんですから、ほんと驚愕。オフステージに遭遇したファンの反応だって映画「ヤア!ヤア!ヤア!」の世界そのまんまだし。

 Wings 時代なら絶対やろうとしなかったと思われる Another Day もメランコリックで良かったけど、私的に最も感激したのは、Band On The Run。この曲はライブで何度聴いても感激します。変転する曲調は天才マッカの証。最強ウイングスの雰囲気そのまんま。Well, the rain exploded with a mighty crash で始まるパートは、時間の感覚を失い心は10代。あんな陽気な曲想なのにジーンと来た。恥も外聞もなく両手で Wings サインやりそうになったけど大人なので止めた(笑)。

●ライブでは日本公演が世界初披露(ヴェガスでの特別なあれは除く)となった新作は、Penny Lane みたいな曲想の Newや、すぐ耳に馴染むようなキャッチーな Everybody Out There は面白く聴けました。ちょっと I Am The Walrus (レノンの曲ですが)みたいな Queenie Eye もまあ悪くなかったかなと(背後の映像が面白かったです)。一緒に見た仲間は新作は曲を厳選したミニアルバムでも良かったのでは、と言ってましたが、確かにそんな印象ではあります。

●なんか淡白な感想になってしまいましたが、2時間半のショーがあっという間で感激して見てました。コンサート全編不思議な幸福感に満ちていて、過去3回の来日公演と比べてもそういう幸福感は今回が一番だったように思います。なにゆえそうなのかと訊かれてもはっきりした答えは自分で分かりません。

 本当は、ネチネチ分析するより、「わー、ポール、カッコイイ、きゃあ~!」の方が余程コンサートの真実を伝えるような気がするのですが、そうするには自分はスネた大人になりすぎました。今回は見に行った人の声がネット上ですぐに色々と見れるのも楽しかったです。前回の02年公演時にはSNSどころか、サクっと更新できるブログなんてものすら無かったですから。

●自分が生まれ育った場所で、ポール・マッカートニーのコンサートが見れる喜びは格別で、仮にロンドンやリバプールでポールのショーが見れたとしても、味わえない感激だよなあと、しみじみでした。最終日の模様はスカパーで来春放送されるそうです。

Paul2013flag

ポール・マッカートニー
2013年11月18日&19日 東京ドーム

1. Eight Days a Week
2. Save Us
3. All My Loving
4. Listen To What The Man Said (19日は Jet)
5. Let Me Roll It
6. Paperback Writer
7. My Valentine
8. 1985 
9. The Long and Winding Road
10. Maybe I'm Amazed
11. I've Just Seen a Face (19日は Things We Said Today)
12. We Can Work It Out
13. Another Day
14. And I Love Her
15. Blackbird
16. Here Today
17. New
18. Queenie Eye
19. Lady Madonna
20. All Together Now
21. Lovely Rita
22. Everybody Out There
23. Eleanor Rigby
24. Being for the Benefit of Mr. Kite!
25. Something
26. Ob-La-Di, Ob-La-Da
27. Band on the Run
28. Back in the U.S.S.R.
29. Let It Be
30. Live and Let Die
31. Hey Jude
-encore1-
32. Day Tripper
33. Hi, Hi, Hi
34. Get Back (19日は I Saw Her Standing There)
-encore2-
35. Yesterday
36. Helter Skelter
37. Golden Slumbers
38. Carry That Weight
39. The End


2013.11.19

クラプトンのバーゼルAVOセッションのストリーム放送が聴けます

●クラプトンが11月13日、14日に出演した、スイスのバーゼルで行われた BALOISE SESSIONS(AVOセッション)のうち、11月14日公演の音源が、この公演を収録したSRF3放送公式サイトでストリームで聴けます。もちろんサウンドボードです(約101分)。曲間は若干編集されています。
(追記: 13、14日両日の音源の編集版のようです)

 該当ページはこちら。いつまであるか分かりませんので録音したい人は早めにどうぞ。同局では現地時間11月18日21時頃から電波によるこの公演の放送があるのですが、この局は放送後にmp3ファイルのダウンロードもさせてくれる太っ腹なので、このEC音源もmp3でダウンロードできるかもしれません。(追記: さすがにそこまで太っ腹ではなかったです)

 レイラの映像も公開されてます(不完全版)

 先にオーディエンスソースで聴いた時は、精彩を欠く演奏に感じましたが、聴きやすいボード音源で聴くと、そんなに悪くもないかなという印象です。AVOセッションは放送されたり、ディスクで発売されることも多いので、この映像も将来放送、発売されるかもしれません。

 ブログ更新しろ〜、と言われたので書いてみました(笑)。

●セットリストは以下の通り。

Eric Clapton Baloise Session
Event Halle, Basel, Switzerland
14 Nov 2013

01. Don't Go To Strangers
02. Key To The Highway
03. Hoochie Coochie Man
04. Got My Mojo Working
05. Since You Said Goodbye
06. After Midnight
07. Call Me The Breeze
08. Gin House (Andy Fairweather Low)
09. How Long (Paul Carrack)
10. Driftin'
11. Nobody Knows You When You're Down And Out
12. Layla
13. Pretending
14. Wonderful Tonight
15. Crossroads
16. Little Queen Of Spades
17. Cocaine
18. High Time We Went (Paul Carrack)

Band Line Up:
Eric Clapton (G)
Andy Fairweather Low (G)
Chris Stainton (Key)
Paul Carrack (Key)
Dave Bronze (B)
Henry Spinetti (Dr)
Michelle John (Backing Vocals)
Sharon White (Backing Vocals)


« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アルバム(作ってみました)