サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« オールマンの Brothers and Sisters 40周年記念盤が6月にリリース | トップページ | ザ・バンドの Rock of Ages が Live at the Academy Of Music 1971 (4CD) として新装発売 »

2013.06.09

ボビー・ウィットロックの最初のソロ2作品がCDで再発

●ボビー・ウィットロックが Dunhill レーベルからリリースした最初のソロ・アルバム2作品(Bobby Whitlock と Raw Velvet)が 2 in 1 仕様のCDで再発されます。タイトルは、Where There's A Will, There's A Way/The ABC-Dunhill Recordings で、発売は6月24日。

Where There's a Will There's a Way: ABC-Dunhill Recordings[Original Recording Remastered, Import]
Where There's a Will There's a Way: ABC-Dunhill Recordings[Original Recording Remastered, Import]

 Dunhill レーベル発売のこの2作はずっとCD化から放置。Dunhill は現在ゲフィン傘下ですが、いくらボビーがスターじゃないからといって、ゲフィンは何やってたんでしょう。今回の発売もゲフィンではなく、Future Days Recording というサード・パーティーです。公式サイト内のページはこちら。CDは2 in1仕様ですが、アナログもちゃんと2枚別々に出ますので、蒐集家の方はどうぞ。

 例によって、ウィットロックの自伝に面白いことがたくさん書いてあるので、以下少々。

Bobby1st_2●ボビー・ウィットロック最初のソロ作 Bobby Whitlock は、未完に終わったドミノスのセカンド・アルバムの録音までのスケジュールの谷間に録音されたもので、録音は71年、ロンドンのオリンピック・スタジオ。プロデューサーはアンディ・ジョンズ。主要メンバーはボビーの他、ベースがクラウス・フォアマン、ドラムがジム・ゴードン。そこにハリスンやクラプトン、ブラムレット夫妻等がゲストで参加。

 ボビーは当初カール・レイドルにベースを頼んだそうですがスケジュールが合わず代わりにフォアマンが参加。数曲でベースはレイドルに代わり、ドラムもジム・ケルトナーに代わってます(ボビーはドミノスのドラマーにもジム・ケルトナーがご希望でした)。

 ボビーの自伝によると、ジョージとクラプトンが一緒に参加してるフルバンド編成の曲は全員一緒のライブ録りで、ホーン以外はオーバーダブをしてないとのこと。ボビーが A Game Called Life と The Scenery Has Slowly Changed で弾いている12弦ギターはクラプトンから借りた Zemaitisの12弦ギターだそうです(ブラインド・フェイスのレコーディングにも使われたこのギターはクリスティーズのオークションで売却。13万ポンド)

●ロンドン録音の1作目ですが、ボビーの自伝によれば、デラニー・ブラムレットにバック・ヴォーカルを吹き込んでもらうためにLAにテープを持って行った際に、デラニーがクラウス・フォアマンのベースを勝手に消去して自分のベースを録音してしまったそうで。幸いロンドンにあったバックアップ・コピーを使用してベース・パートの一部を元に戻したそうです。デラニーが消去したベースパートは、Hello L.A., Bye Bye Birmingham (2作目の Raw Velvet に収録)でクラプトンが弾いてるベース・パートも含まれていたとのこと。なんか、デラニーとボビーって仲良しなのか犬猿の仲なのかわからんです。そんなにデラニーに嫌なことされるなら近づかなきゃいいのに(笑)。

●71年に録音された最初のソロ作品は、ソロキャリアを約束されたはずのアトランティックからは発売を拒否され、陽の目を見たのは翌72年にダンヒルから発売されてから。さらにはガールフレンドだった(パティ・ボイドの妹の)ポーラ・ボイドをレコーディング中にプロデューサーのアンディ・ジョンズに寝取られた上に孕ませられるという男なら立ち直れないような仕打ちに見まわれてしまったボビーなのでした。ちなみ、ポーラ・ボイドは2008年に、アンディ・ジョンズは今年の4月に亡くなってます。

 ワイドショーねたで半端に長くなってしまったので、2作目の Raw Velvet についてはその気になったらまた書きます。

●ボビー・ウィットロックという人が傍系的な脇役にしかなれなかったのは聴く側の怠慢なのか、あるいは何かが決定的に欠けてたのか。おそらく後者なのでしょうけど。その理由を具体的に言葉で書くのは難しいです。下の発売元の動画中に、the most energetic sideman というクラプトンの褒め言葉が引用されてますが、褒め言葉であると同時にボビーの限界を冷酷に指摘した言葉でもあります。

 再発CDの表カバーはチープな感じですが、発売元のサイトには、remaster and repackage the greatest music you've never heard (but definitely should) とあり、動画の最後には、ビル・レヴェンソンやマーク・ロバーティの名がthanks 欄に出てくるので、やっつけ仕事のリイシューではなく、きちんとしたプロダクションのようです。上記リリース元サイトによると、オリジナル・テープからのCD化で、ボビーにインタビューしたライナーノーツや未発表写真からなる48頁のブックレット付き。

Where There's A Will, There's A Way:The ABC-Dunhill Recordings

1. Where There's a Will
2. Song for Paula
3. A Game Called Life
4. Country Life
5. A Day Without Jesus
6. Back In My Life Again
7. The Scenery Has Slowly Changed
8. I'd Rather Live The Straight Life
9. The Dreams of A Hobo
10. Back Home in England
11. Tell The Truth (以下、Raw Velvet)
12. Bustin' My Ass
13. Write You A Letter
14. Ease Your Pain
15. If You Ever
16. Hello L.A., Bye Bye Birmingham
17. You Came Along
18. Think About It
19. Satisfied
20. Dearest I Wonder
21. Start All Over

« オールマンの Brothers and Sisters 40周年記念盤が6月にリリース | トップページ | ザ・バンドの Rock of Ages が Live at the Academy Of Music 1971 (4CD) として新装発売 »

Clapton」カテゴリの記事

コメント

ホイットロックについては前から何点かコメントしたいことがあるのですが、実行に移せないままです。
私が所有しているのは1stの米ダンヒル・アナログ盤だけです。2ndは未だ未聴。2ndが出た当時、『ニューミュージック・マガジン』の輸入盤紹介コーナーで故福田一郎氏がこれを取り上げ、前触れで1stを激賞していたのを覚えています。が、2ndには一段落ちる評価を与えていたと記憶しています。
これらが公式CD化されるのは初めてとのことですが、かれこれ10年以上前になるでしょうか、日本で2ndがCDになって発売されるというレコード会社の広告を雑誌で目にした覚えがあります。私の思い違いでなければ、あれ結局、取りやめになったんでしょうかね、契約の関係か何かで・・・

しばらくここへはおじゃましていませんでしたが、私のほうは相変わらず日英を往復する生活が続いています。
昨日、バクストン・オペラ・ハウスでルシンダ・ウィリアムズを観てきました。出し惜しみしない2時間のライヴもチョーよかったですが、会場の余りの音のよさに感激しました。ギターの響きの豊かなことといったらもう・・・いつしか陶然とした気持ちになっている自分がいました。ルシンダも「なんて音がいいの、ここ」と思わず洩らしていたぐらい。

この先6月いっぱい、ザ・フー、スティーヴ・ウィンウッド、ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター、スプリングスティーン、7月に入ってニュー・オーダー、ストーンズと、猫にかつおぶし状態(エ?  猫に小判だろ、ってか)。

Satoさんも11月には渡英されて、RAHでステージに向かって"Judas!!!"と一緒にヤジをとばしませんかhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20631/57552527

この記事へのトラックバック一覧です: ボビー・ウィットロックの最初のソロ2作品がCDで再発:

« オールマンの Brothers and Sisters 40周年記念盤が6月にリリース | トップページ | ザ・バンドの Rock of Ages が Live at the Academy Of Music 1971 (4CD) として新装発売 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アルバム(作ってみました)