サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« デュアン・オールマンの新アンソロジー Skydog: The Duane Allman Retrospective について少々 | トップページ | 山下達郎の新フェスティバルホール公演を見る »

2013.04.28

ボブ・ディランのブートレッグ・シリーズ Vol.10 について

●次作がちょうど10作目になるボブ・ディランのブートレッグ・シリーズですが、内容は1969-1970年の音源になるようです。

Dylan_wigwam 毎年4月に行われてるインディペンデント系レコード店を支援するイベント、Record Store Day 用の商品に、この時期の音源2曲(Wigwam と Thirsty Boots)を収録した7インチ・シングルがVol.10からの先行ということで先頃リリースされてます(左写真)。ソニーの公式サイトで買ってみたのですが、アナログ・プレイヤーを外したままなのでまだ聴けてません。ちょっと不思議な曲である Wigwam については、カバーの裏面には「デモ・ヴァージョン」と書かれています。Thirsty Boots はエリック・アンダーソンの曲。

 ディランのファンジン ISIS では Self Portrait セッションのアウトテイクやオーバーダブを省いた音源がもっぱら指摘されてますが、他のサイトによると Nashville Skyline から Dylan までの音源ではないかということです。

●この時期にリリースされたアルバムをリリース年順(録音時期はクリントン・へイリンの The Recording Sessions 1960-1994 から。主なセッションのみ)に見ると、

1969 Nashville Skyline(69年2月ナッシュヴィル録音)
1970 Self Portrait(69年4月、5月ナッシュヴィル録音、70年3月NY録音)
1970 New Morning(70年5月、6月NY録音)
1971 Greatest Hits Vol. II(71年3月、9月NY録音)
1973 Dylan(70年6月、71年11月NY録音)

 一言で言えば「ナッシュヴィル期」ということになるんでしょう。

 リリース時期は73年にまで及んでますが、73年リリースの Dylan は、アサイラムに移籍の決まった後に契約上の理由で Self Portrait と New Morning のアウトテイクから作られたアルバムで、ディラン本人は制作に関与してません(米本国ではCD化されていないし、過去にCD化された日本でも再発はなく品切れ状態)。

 Self Portrait は2枚組の大作と言えば聞こえはいいですがポップソングのカバーとワイト島のライブ音源中心で自作曲は少ない変なアルバム。グリール・マーカスにローリング・ストーン誌のレヴューで「何なんだこの糞は?」と書かれてしまったそうですが、誰だって1曲目の All The Tired Horses を聴けば同じような感想を持つでしょう。自分も愛聴盤とはほど遠く、ろくに聴き込むことなく今日に至ってます。

 クリントン・へイリンの本によると、ディランはこの時期にカバー集とオリジナル集の2枚のアルバムを作ろうとしていたとありますが、Self Portrait はそれにワイト島のライブ音源が混ざって、グチャグチャになった印象です。この時期のセッションのデータはへイリンの本やオロフさんのサイトを見れば分かるのですが、実際にはどんな音源が残されてたのか、Vol.10 が楽しみです。

●70年の5月1日にはジョージ・ハリスンとNYのコロンビアのスタジオでセッションをしていて、それらはブート等で非公式に聴けますが、ハリスンの音源を収録するとなると契約上の問題もあるので、はたして収録されるんでしょうか。ザ・バンドとのワイト島でのライブ音源(69年8月31日)の未発表分もありますが、そちらもどうなるのか。

●Vol.10のリリースは秋でしょうから、それまでに Self Portrait や New Morning をもっとちゃんと聴いて、その時期の周辺についてちょっと私的に整理してリリースに臨もうかなと思います。真面目。

« デュアン・オールマンの新アンソロジー Skydog: The Duane Allman Retrospective について少々 | トップページ | 山下達郎の新フェスティバルホール公演を見る »

Dylan」カテゴリの記事

コメント

何なんだこの糞は?

・・・べつに深いイミはありません。自分も言ってみたかっただけですhappy01
そもそもSelf Portrait、通して聴いたことないしimpact

アルバートホールよりも新フェスティバルホールに行きたいぞlovely
アルバートホールでディランは観たことないがフェスティバルホールでならあるしpig

何なんだこの糞コメントは?

まだUKなんですか?もしかしたら永住、あるいは国籍取得とか。笑

新フェスは山下達っつぁんの新フェス・デビューを昨日体験しました。
ネガティブ意見も出てますが、私はいいホールだと思いましたよ。
旧フェスの神様も十分許してくれるはず。

帰京したらこちらにちょこっと書く予定。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20631/57260500

この記事へのトラックバック一覧です: ボブ・ディランのブートレッグ・シリーズ Vol.10 について:

« デュアン・オールマンの新アンソロジー Skydog: The Duane Allman Retrospective について少々 | トップページ | 山下達郎の新フェスティバルホール公演を見る »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アルバム(作ってみました)