サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« デュアン・オールマンのアンソロジー、Skydog: The Duane Allman Retrospective (7CD)が3月にリリース | トップページ | デレク&ザ・ドミノスの70年8月マーキー音源について »

2013.01.30

クラプトンの新作 Old Sock が3月に発売

●ツアーが始まるんだから丸腰はないでしょう、と多くの人が思った通り、クラプトンの新作が出ます。

Old Sock
Old Sock

 発売はアリゾナからスタートするツアー開始2日前の3月12日。タイトルは Old Sock で、Surfdog Records という聞き慣れないレーベルから出ます。アメリカ以外のディストリビューターはポリドールだそうですから日本はユニバーサルで変わらないと思います。

 カバーはお金かけてない感じ。というかバカっぽい、あっ、いや、脱力した感じでいいんじゃないでしょうか。空も青くて綺麗だし。休暇先で適当に撮りましたぁ〜、ってか(笑)。ディランの新作もそうでしたが、もうアルバムのカバーにお金をかけるような時代ではないんでしょう。

●プロデュースは、本人、ドイル・ブラムホール、ジャスティン・スタンレーの3人は前作同様ですが、おなじみのサイモン・クライミーも復活してます。

 メンバーは、スティーブ・ガッド、ウィリー・ウィークス、クリス・ステイントンといういつもツアーで付き合う人たちに、曲ごとのゲストが、チャカ・カーン、ウィンウッド、JJ.ケイル、ポール・マッカートニー。最後のガーシュインの曲はドラムが前作で叩いてたジム・ケルトナーとなってますが、まさか前作のアウトテイク?

●収録曲はカバー曲中心。1930、1940年代の曲が(3、6、7、9、12)5曲も入っていて前作の延長のにおいがプンプンします。好きな曲、やりたい曲を勝手にやりましたという感じ。前作のラストが「枯葉」で、今回は「我が恋はここに」。いいじゃないですか。ポール・マッカートニーも昔の曲ばかりのアルバム作りましたが、そういうお年頃なのでしょう。

 以前、クラプトン本人がツアー中にプライベートで聴いてる曲というのをこっそり教えていただいたことがあるのですが、ロックやブルースの範疇に留まらない、シャンソンやオペラのアリアにまで及ぶ広いジャンルなのでちょっと驚きました。そういう音楽の嗜好が自然に出てるということなのでしょう。Unplugged のような売れ方はもうしないはずだし、聴きたい人だけじっくり聴けばいいのではないですか。

●誰の曲か確信できないのが2の Angel で、すぐ思い浮かぶのはジミ・ヘンドリックスですが、ジミの Angel はクラプトン向きの曲想ではないと思うし(歌うの難しそう)、かといって、アリサ・フランクリンの Angel も、うーん、やるかなという感じ。インフォではJJ. ケイルが参加とのことで、ますます判りません。ヘンドリックスの曲だとしたらちょっとすごいかも。

●10は、同名のオーティス・レディングの曲がありますが、高音域を独特の自由なメロディで歌うオーティスの曲をクラプトンが歌うのはたぶん無理(失礼)。格好良すぎるウィンウッドの曲(Refugees of The Heart 収録)はクレジット上は “your” がなく One and Only Man ですが、クラプトンにぴったり合う曲想。というか、クラプトンによるウィンウッドの One and Only Man を熱烈に聴いてみたいです。ただし、インフォメーションではウィンウッドが参加してるのはゲイリー・ムーアの曲になってるので、オーティスの方の可能性もあると思います。

●ゲイリー・ムーアの8は2011年のツアーで演奏してますが(下動画)、エモーションの濃いこの曲がクラプトンに向いてるという印象はなかったです(自分が情緒過多なムーアのブルース演奏が苦手というのもありますが)。レッドベリーの9は1983年のARMSコンサートでやってますね。

 あらためて聴くと、オリジナルのゲーリー・ムーアよりあっさりした感じですね。

●というようなことをつべこべ言ってても空しいので、早く聴きたいなと。プロデューサー達はくせ者揃いなので、All of Me(マッカートニーがベースとヴォーカルで参加)のような耳タコのスタンダード曲もどんな仕上がりになってるのか楽しみです。前作のような、フォーマット、リリース国、購入サイトごとにボーナストラックが違うというのは勘弁していただきたいです。

●前作からは約2年半ぶり。時間たつの早いですね。

Eric Clapton / Old Sock

1. Further On Down The Road (タジ・マハール/ジェシ・エド・ディヴィス)

2. Angel(?)

3. The Folks Who Live On The Hill(ジェローム・カーン)

4. Gotta Get Over(新曲)

5. Till Your Well Runs Dry(ピーター・トッシュ/バニー・ウェイラー)

6. All Of Me(ジェラルド・マークス/セイモア・シモンズ)

7. Born To Lose(テッド・ダファン)

8. Still Got The Blues(ゲイリー・ムーア)

9. Goodnight Irene(レッドベリー)

10. Your One and Only Man(たぶん、スティーブ・ウィンウッド)

11. Every Little Thing(新曲)

12. Our Love Is Here To Stay(ジョージ・ガーシュイン)

※作者表記は正式に発表されたものではなく、推測を含みます


« デュアン・オールマンのアンソロジー、Skydog: The Duane Allman Retrospective (7CD)が3月にリリース | トップページ | デレク&ザ・ドミノスの70年8月マーキー音源について »

Clapton」カテゴリの記事

コメント

前作WhiplashあらためClaptonって、当初2枚組にするぐらいのマテリアルが揃ってる、ってことだったでしょ。今度の、そこからのアウトテイクも大分あるのかも、って感じしません?
しかし、見れば見るほど脱力ジャケですな〜(ハァ〜・・・)。買う気も失せますわ、これじゃ。自分のなかの基準では、Back Homeを抜いて、ECがこれまでに出したワースト・ジャケ。

買うけど(笑)。

内容はサーフミュージックだって、どなたが言ってましたが。笑

そう言えば、前作は当初2枚組になるとか伝えられてたの思い出しました。
言われるように、こっちに回ったアウトテイクがあっても不思議ではないですね。

このカバーについては半分ネタみたいなところもあるのでは。インディーズ系だからこそできたというか。
今回、インディーズ系に移ったのは、内容も含め偉いさんたちからあれこれ指図されない気楽さをとったのかなと。

アル・ジャーディーン、デイヴィッド・マークスの後釜にビーチ・ボーイズに加入、ステージでドゥーワップ風コーラス、次いでソロをとるエリック。
やっぱり似合わんか(笑)。

クリームは『ペット・サウンズ』を賞賛していたこともあったから、その辺からのカバーならありえないこともないかも。サーフミュージックの範疇からは逸脱していますが。

もっとありえるのは・・・来日する頃には、新作からやるのは1曲とかになっていたりすること(笑)。

元々のアルバムタイトルはPlaying the Bluesだったそうですね。
Ericも告知直前になってタイトル変更を知らされたそうですわ。

Clapton’s New Album, (Playing The Blues), is going to shock and surprise many. It features some of his best guitar playing of his career. The title is subject to change, as EC has been to know to change them at the last minute.

The new album is a collection of some of Clapton’s favorite songs spanning from his childhood to present day that highlights his vast appreciation and knowledge of music. From Leadbelly to J.J. Cale; Peter Tosh to George Gershwin; Hank Snow to Gary Moore and Taj Mahal, this record is a celebration of so many who have inspired Clapton’s rich musical life. Clapton has always had a remarkable ability to recognize great songs and a gift for knowing how to uniquely interpret them, as he does on Old Sock. The album explores romantic standards of the 30's, reggae, soul, rock, and includes a stand out playful collaboration with Paul McCartney, to create an experience that is quintessential Clapton.

洋楽大好き少年だった頃、お気に入りのアーティスト/バンドに憧れ、毎月の小遣い=全財産を当該アーティストのターゲット LP につぎ込んでいたことを思うと、来る ec 御大の、このジャケ写はやっぱあかんでしょ~(爆)
                    
(絵画じゃなくて、音楽(プロ)の道を選んだ御大、正解でしゅか~ ♪)
                
古い靴下、自虐の世界でも、ec blues はもちろん最高だと思いますが、
かっちょいいシルバー ec のビジュアル・ブルーズは今日の美意識でも、世界最高峰だと思うのですが~~♪♪♪
                          

皆さん、コメントどうもありがとうございます。
遅ればせながら簡単にお返事をば。

>ブルー爺さん
もっとありえるのは・・・来日する頃には、新作からやるのは1曲とかになっていたりすること(笑)。

いや、最初からゼロもあり得る。笑
UK公演はもちろん行かれるんですよね。

>marsさん
元々のアルバムタイトルはPlaying the Bluesだったそうですね。
Ericも告知直前になってタイトル変更を知らされたそうですわ。

これは貴重な情報を。
でもplaying the bluesなんて平凡でインパクトなさ過ぎなタイトルよりold sockの方が自分はいいです。

>SP(爆)さん
ec 御大の、このジャケ写はやっぱあかんでしょ~(爆)

お気持ちよーく分かりますよー。
私が今恐れてるのは裏とかインナーにもっと情けない写真が使われているんじゃないかということです。笑

私は収録曲見ながら、なかなか良さそうな感じじゃないか、と自己暗示にかけながら過ごしてます。

5月の英国公演は観るつもりでいますが、それよりも来日に時期を合わせて帰国できるかどうかのほうが気になっています(笑)。
更に言えば、RAHよりも、あるのなら、観れるものなら、ソウル公演が観たいですね。

ブルー爺さんはまだRAH参加確定ではないのですか。
いつもの当日券男貫徹ですか。笑

かつてとは比べようのない国力考えたら韓国をスキップする理由はないと思うので、ソウル公演はあるのではないですか。
土日スケジュールになれば自分もまた行きたいです。

今、会社なんで聴けていませんが、新曲のGotta Get Overがストリームで聴けます。

https://soundcloud.com/bushbranch-surfdog/eric-clapton-gotta-get-over

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20631/56656178

この記事へのトラックバック一覧です: クラプトンの新作 Old Sock が3月に発売:

« デュアン・オールマンのアンソロジー、Skydog: The Duane Allman Retrospective (7CD)が3月にリリース | トップページ | デレク&ザ・ドミノスの70年8月マーキー音源について »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アルバム(作ってみました)