サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« デラニー・ブラムレットの語るジョージ・ハリスン | トップページ | 第20回サイトウ・キネン・フェスティバル松本のオーケストラ・コンサートを聴く »

2012.07.21

ボブ・ディランの新作 Tempest が9月にリリース

●ボブ・ディランの新作が9月11日に出ます。すでに色々情報出てますが書いておきます。

Tempest
Tempest

 タイトルはTempest(大嵐、大騒動)で、収録曲は下記の10曲で68分。公式サイトのリリース情報はこちら

●表カバーに使われてる彫刻像のアップ写真は、ウィーンにあるオーストリア議会建物の正面にある彫刻像の一部だそうで、ディランのファンジンISISによると、オリジナルはこちらだそうです(既存写真の有償使用は、前作 Together Torough Life と同様)。よく調べられるもんだと思いましたが、曲数、総時間も5月にISISが伝えたものと一致。内部のどなたかがこっそり情報教えてくれるんでしょうか。おそろしや。

●以前から伝えられていたとおり、タイタニックについての歌(ISISによれば14分の曲)が入ってるそうですが、ジョン・レノンについての歌も入るという情報あり。収録曲見ると最終曲の Roll On John がそれに該当すると推測されます。

 奇しくも同名曲は、1962年2月に行われたラジオ・ショー(Cynthia Gooding Radio Show)を収録した有名ブート Folksinger's Choice にも入ってますが、そちらはトラッド曲で、詩もレノンと関係ありません。トラッドの歌詞を差し替えるという手もありますけど、曲調は今のディランのスタイルではないし、Tempest 収録の Roll On John ははたしてどんな曲なんでしょう。

 とりあえず、ディラン版トラッドのRoll On John はこんな感じでした。

 録音に参加したデヴィッド・イダルゴが語ってたメキシコ音楽へのアプローチとかも楽しみ。

●Tempest というタイトルがシェイクスピアの最後の作品名と一致しているため、これがディラン最後の作品では、とか適当につぶやいてる記事も出てますが、そういう変なご意見は勘弁していただきたいです。

●ディランは8月から10月までUSツアーの日程がびっしり。昨秋の欧州ツアー同様マーク・ノップラーのバンドと回ります(共演もありました)。10月17、18日開催のサンフランシスコ、Bill Graham Civic Auditorium は市内にいれば地下鉄で行けるし、ダメもとでチケットだけ買おうかな。


Bob Dylan / Tempest

1. Duquesne Whistle
2. Soon After Midnight
3. Narrow Way
4. Long And Wasted Years
5. Pay In Blood
6. Scarlet Town
7. Early Roman Kings
8. Tin Angel
9. Tempest
10. Roll On John

« デラニー・ブラムレットの語るジョージ・ハリスン | トップページ | 第20回サイトウ・キネン・フェスティバル松本のオーケストラ・コンサートを聴く »

Dylan」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20631/55241603

この記事へのトラックバック一覧です: ボブ・ディランの新作 Tempest が9月にリリース:

« デラニー・ブラムレットの語るジョージ・ハリスン | トップページ | 第20回サイトウ・キネン・フェスティバル松本のオーケストラ・コンサートを聴く »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アルバム(作ってみました)