サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の記事

2012.01.27

CSN&Yのドキュメンタリー・フィルム Deja Vu の国内盤DVDがようやく発売

●2006年に行われたCSN&Yの Freedom of Speech tour のドキュメンタリー・フィルムのDVDが、ようやく国内盤で出ます。発売日は2月22日で、発売元は日本コロンビア。

CSN&Y / Deja Vu
CSN&Y / Deja Vu

 3年以上前に見た時の感想は以前こちらに書きました。

●当時はそのうち国内盤も出るだろうと思いきやまったく出る気配がないまま時間が経過。CSN&Yは中高年中心とはいえファンの少ないバンドではないし、ニールのファンもたくさんいます。以前ならすぐに国内盤が出たと思うのですが。ハリウッド・メジャーでないインディペンデント系の制作とはいえ、「洋楽」というものを取り巻く状況の変化を思わずにいられません。

●3年前に見たときに感じたのは、国が2つに引き裂かれるというのはどういうことなのか、ということ。

 戦争はもちろん、60年安保も全共闘も未体験の自分の人生の中でそんな経験はなかったので、よその国で起きた「人ごと」として見てましたが、まさか数年後に自分の国で同じような事態が起ころうとは。映画の中で、イラク戦争をめぐって人々が批判、罵り合う姿は、去年の3月の事故以来、日本で起こってることそのまま。知人、友人たちが突然「反対者」、「敵」になる戸惑い。

●音楽だけ聴ければいい、コンサート・フィルム以外はつまらないというような人は見ても無駄だと思いますけど、プロダクションにABC放送の報道記者だったMike Cerreが関わってることもあり、構成は緻密。ロック・ミュージシャンの政治活動にありがちな自分たちの立場だけまくしたてて終わりになっていない、一級のドキュメンタリーだと思います。ところどころに流れる Living with War のピアノ・ヴァージョンが心に染みます。

●さして売れるとは思えないだけに、字幕を付けて出してくれる日本コロンビアには感謝。リリース・インフォにある、「反戦活動家としても名高いニール・ヤング」って表記にはちょっと戸惑いますが。

 2曲だけですが輸入盤にはないボーナストラック付き。ブルーレイでも出るのでそちらを買ってもう一度見直そうかなと思います。

2012.01.16

デレク&ザ・ドミノスのレア写真です

●今朝、いきなりデレク・アンド・ザ・ドミノスの見たこともない凄い写真があるぞ、と教えてもらいビックリしました。しかもデュアン・オールマンと一緒ではないですか!電車内でのけぞりました。

Dominos_syracuse

●突然写真が載ったのは、syracuse.comというサイトで、記事は1月15日付け。記事のタイトルはMusic legends from Aerosmith to ZZ Top made our War Memorial the place to be で、こちらで見れます。上の画像の大きなサイズのやつも落とせますので、みんなで貰いに行きましょう。

●Syracuse という地名を見て、クラプトンやドミノスのデータに詳しい人は、ピンと来たと思うのですが、その通り。ドミノス公演中、デュアンが参加した数少ない公演である、NY州シラキュースにある War Memorial arena で1970年12月2日に撮られた写真です。つまり、ライブ音源で有名なタンパ公演の翌日。

 この日にデュアンが参加したことは、当日コンサートを見た人の証言で裏付けられてましたが、こんな鮮明な物的証拠が出てきたのは初めてです。しかも写真を提供した人の証言付き。

●写真の提供者はRon Gersbacherという方。こちらにコレクションと一緒に写ってる写真があります。上の写真のデュアンの左側で顔出してる人ですね。

 最初、プロのカメラマンの人かと思いましたが一般のファンの方みたいです。上の記事によるといろんなミュージシャンの写真をバインダーに入れて整理してあるそうです。偉い。

●記事中にドミノスの写真を撮ったときのこともちょっと書かれていて、記事によると、写真を頼むのに物怖じしないタイプの Gersbacher氏も、クラプトンに近づくのにはおじけついたということですが、ECやバンド・メンバーはポーズを取って撮影に応じてくれたということです。
(Gersbacher, typically fearless about asking for a photo, was intimidated about approaching Clapton. But Clapton and the band agreed to pose. In the image, you see Gersbacher’s head popping out from behind a guitarist. )

 ドミノス御一行の「はい、チーズ」みたいな記念撮影写真って他にないと思うので、そういう意味でも貴重です。いやー、びっくり。でも、楽器持ってるということはいつ撮った写真なの?演奏直前か直後、とも思ったのですがジム・ゴードンのサングラス姿が謎だし(演奏する時はかけないので)。

 ちなみにこの日のドミノス公演の前座はエルトン・ジョンでした。

●情報提供&スペシャル・サンクス to marsさんでした。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アルバム(作ってみました)