サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« マイルス・デイヴィスの Bitches Brew Live (Sony Legacy) | トップページ | ソウルでCDショップを物色する »

2011.02.21

クラプトンの2011年ソウル公演を聴く

●春の日本ツアーがないのなら行かせていただきます、という感じで見に来ました。クラプトンの韓国公演。2011年2月20日、ソウル、オリンピック・ギムナジウム(Olympic Park Gymnastics Gymnasium)。上から3番目の席でお値段12万ウォン(約9000円)。土日使える日程でありがたや。

Ec_seoul1

 会場のすみまでお客さんでびっしりの超満員。若いお客さん多し。女の子比率高し。いいねー。
 見なくても分かるようなセットリストはこちら

●とっても良いショーでした・・・なんて生やさしいもんではなく、正直こんな、スパーブなショーを味わえるとは想像してませんでした。最大の原因というか功労者は韓国のお客さん。熱いのなんの。シャイで大人しい日本のお客さんとは完全に異質、異次元。

●ショーの最初から、イントロで大拍手、ECがプロジェクターに映っては大拍手・歓声、歌い出しで大拍手・歓声、ソロ始まって大拍手・歓声、ソロの途中の唸るような箇所でも大拍手・歓声、ソロが終わって大拍手・歓声、その都度「ウォー」って感じ。これが最初から最後まで2時間続く(笑)。しかもショーが進行するにつれてどんどんパワーアップ。

 単にやみくもに騒いでるだけじゃないのなんて野暮なことは言いません。コカインなんて、お約束の Cocaine! の大合唱後に、ウォー!と地鳴りのような歓声が続くすさまじさ。何なんすかソウルの人たち。

●Old Love での出来事。ソロを終えたECに大歓声。思わずEC御大、弾き終えてから頭を深々と下げてお辞儀。あり得ない光景にあぜん。当然さらに大歓声でティムがソロに入るタイミングがつかめず、ECが手をティムの方に向けて、「次は彼のソロですからそちらを聞いてください」みたいな感じでどうにかようやくティムのソロに。

●ティムやクリスにもソロの度に大歓声。Little Queen Of Spades で、ティムがロング・トーンで盛り上げるともの凄い反応が返ってくる。思わず、両手を天に突き上げ立ち上がるティム(笑)。当然また大歓声。こりゃ演奏者はたまらんて。

 最後の一同揃ってのお辞儀後、帰りながら客席に半身を向けて両手でダブル・サムアップをしながらステージを去っていくECなのでした。そりゃそうよ。こんな客を前にすれば演奏者冥利に尽きる。またこの地に戻ってきて演奏したいと思うはず。

●会場は正円形のアリーナ。摺り鉢状になっていて、最後方最上席でも位置はそんなに高くないので、どの席で見やすそうでした。音響状態もアリーナ級の会場としては非常に良し。客の拍手・歓声がダイレクトに響き渡るのも丸。

Ec_seoul2_2

●曲毎の具体的な感想も時間があれば、またあらためて。Nobody Knows You When You're Down And Out や Wonderful Tonight なんて耳タコ曲を、こんなに喜んで喝采をあげるオーディエンスが世界中のどこにいるのか。セットがなんだかんどブツブツ言ってる塵にまみれた我が身を思わず振り返る。「セットリストだけがコンサートじゃないよ」。まったくその通り。

●EC生聞き体験は、東京、大阪、ロンドン、ニューヨーク、ドイツ数都市。どの会場のお客さんもそれぞれ特徴があって興味深いのですが、少なくとも今夜は、「あんたらが一番だよ、ソウル」、と言いたい気分。我がECショー体験中、見終えた後の幸福感では最上位リスト入り。

Ec_seoul4_3

●次回もまた来たいニダ。

« マイルス・デイヴィスの Bitches Brew Live (Sony Legacy) | トップページ | ソウルでCDショップを物色する »

Clapton」カテゴリの記事

コメント

乙ニダ(笑)

やっぱり日本人はおとなしいですか。まあ,自分もそうですが。でも,色々なライブに行っても,もう少し盛り上がってもいいのに,と思うときは結構ありますよね。

産業が国内で(少なくとも今までは)完結してしまう日本と,元々人口が少ないがゆえに海外に目を向けざるを得ない国との違いでしょうか。海外に出て行くのにシャイでは潰されてしまいますからね。

9,000円は武道館の11,000円と比べると物価を考えたら向こうの人にとっては結構高い気がしますが,どうなんでしょう。

ステージと客席の大熱演で素晴らしいソウル公演となり、本当に良かったですね♪\(^o^)/


今更ながら、、、ついて行けばよかった!

Satoさんと、爺さんに、、、当日券で。。。

SEOUL MATESへようこそhappy01
合言葉は"Two Thumbs Up!"

あれを経験したらRAHなんてセレブ臭い、スカした連中の集りなんてアホらしくて行く気なれんでしょ。

・・・とゴーマンかましてみたのはスティーブ冗談です(笑)。もちろん、ロンドンにはロンドンの、東京には東京の、大阪には大阪の、イスタンブールにはイスタンブールのよさがあります(爆)。

でもマジな話、RAH3回観るぐらいならソウル1回のほうがいいというのが私の今の気持ちです。それぐらい一昨日のは、そして4年前のも、コリアン料理のごとくホットでスパイシーなライヴ体験でした。

ところで上のレポ、私が以前WE!に投稿した2007年ソウル公演のレビューを読んでるような気になったりしたんですが・・・気のせいか(笑)。

>ほちょのさん

海外は旅行でしか行ったことないですが、あっちの人見てると日本人の自己表現に対する遠慮ってちょっと異常なのかと思うことが多いです。もちろん、それがいいことにつながってる面も間違いなくありと思いますが。

ソウルの物価は日本の2/3くらいって感じでした。もちろん韓国人の平均収入は日本人より少ないですから、12万ウォンって彼らにしたら、我々の1万5000円くらいの感覚だと思いますよ。最高の席の値段なら我々の2万円超って感じかな。道路楽に対する欲求はゼニ金を超えると。よくわかってると思いますが(笑)。

その気になったら、お供しますんで、よろしく。


>すろはんさん

出発にあたり、お声かけていただきありがとございました。
おかげで、スパーブ・ソウル・ナイトを堪能してきました。
別に怪しい意味じゃないですよ。

次回は、ぜひ行きましょう。
ご家族の説得は私にまかせなさい(笑)。

ブルー爺さん、

当日券作戦大成功おめでとうございます。私はチキンなので、今後も前売りで行きます(笑)

当日券売ってた場所って、Happy Box とか書いてあったブースですか?

>あれを経験したらRAHなんてセレブ臭い、スカした連中の集りなんてアホらしくて行く気なれんでしょ。

と言いたくなるお気持ちには完全に共感いたします。2009のRAHもそれなりに楽しめましたけど、今回のソウルで味わったような高揚感はまったくなかったし。
WEに書かれてた、the crowd was wild and loved every minute of the show という言葉を見て、さすが英語使いは上手い表現をするもんだと。たしかに、loved every minute of the show そのものでした。

実際にソウル公演を体験してみて「ソウルで聴けるなら逃すな」は確信にかわりました。困ったなあ。秋に日本に来るならついでにソウルにも行ってくれ。わしもまた行くから。ははは。


>ところで上のレポ、私が以前WE!に投稿した2007年ソウル公演のレビューを読んでるような気になったりしたんですが・・・気のせいか(笑)。

ええ、前のソウルレビューについては、よーく覚えてますよ(笑)。特にサムアップの件。まさか再度見れるとは、まったく驚きです。つまり同じよなことしか書きようがないということで。

ていうか、SLSへの一発目のソウルレポのカキコって自分の感想そのものなんですが。
あまりに同感なんで、引き籠もりを一時中断して反応しようかなと思ったのですが、こちらに遊びにきてくれたんで引き籠もり続行します。

まあ、同類と。ははは。

Happy Box! それそれ。名前に偽りはなかった(笑)。

Satoさんのレポを読んで思いだしたのは、私のレビューの次のようなくだりです。

And what a crowd they were! The moment the lights were turned off, there were roars of delight, excitement, whatever positive emotions you can come up with, breaking out from all over the place. And it stayed that way through the entire show, basically. A mixture of loud applause and shouts arose almost every time Eric played the introduction, started to sing, launched into a solo and finished the song. They watched virtually every move Eric made!

でも確かに「同じよなことしか書きようがない」か(笑)。Two thumbs upまで「再演」してくれるとあっては(笑)。

>SLSへの一発目のソウルレポのカキコって自分の感想そのものなんですが。

UPしたあと、事実第一を旨とするワシとしたことが、フクイさんじゃあるまいし、ちと思い入れの勝ちすぎた、主観優先のメロメロな文章を書いてしまった、ツッコミが入ったらどうしようと頭カックンしていたんですわ、実は(笑)。ご同感いただけて幸いです。

しかし、あの後どう続けよう(爆)。

ブルー爺さん


>しかし、あの後どう続けよう(爆)。


わたすに(マジュヌン)なったつもりになれば、「思い入れの勝ちすぎた、主観優先のメロメロな文章」は
すらすら長文で書けまっせぇ!爆爆

はじめまして、私も夫婦でソウルに行ってました。ただただECの新しいアルバムの曲を聞きたいがために・・。カメラなどオールフリー状態の光景には驚きましたが、ライブ中のマナー?とノリは素晴らしかったですね。途中だらけたと言う人がいますがあのアルバムを聞きまくった人には感動のライブだったと思います。来年は日本にも来てくれますかね?前回も娘3人と女房で行きました。埼玉アリーナは続けて三女と泊まりでジェフべックとの公演を見て痺れていました!とにかく齢を重ねるごとに
素敵です。家族に「爺の追っかけ」と言われてます・・VISVIMの靴、同じものを同時に買いあさって15足集めました。あきれられてます・・・

スコッチ親父さん、はじめまして。

おっしゃるように、最新アルバムが好きな人にはかなりウフフなコンサートだったと思います。座って演奏した中間のセットは最新アルバムの雰囲気が濃厚でした。ギブソンの音色も素晴らしかったです。昔と比べてとやかく言う人もいますが、20代、30代時と60代時の表現が同じであることの方がおかしいです。

日本公演は11月頃らしいです。前回はご家族で見に行かれたとのこと。家族総出でクラプトンなんて羨ましいです。しかも今のクラプトン家同様、Three Little Girls ではないですか。もうlittle ではない?(笑)。

これからも「爺の追っかけ」に邁進してください。家族から何を言われても(笑)

夜中に突如目覚めたので小ネタレス。
オリンピック第一体育館って、去年ディランが来日公演終了直後に韓国初公演(3/31)をやったのと同じ会場ですね。
あんときも日本人の有名な追っかけが「日本公演よりもよかった」って言ってました。あの大きさなのに。
行っときゃよかった、と思ってるでしょう?coldsweats01
香港はどうします?

ディランのソウル公演が去年ここであったのはもちろん知ってます。去年は日本ツアーが小会場のスペシャル版だったのであえて韓国に行こうという気にはなかったです。今回EC公演体験してみて、去年のここでのディラン公演はどうだったんだろう、と思いましたが。
まあ、今回ソウルに行ったのは日本ツアーがないというのが決定的な動機です。

ボブもアジアツアーありで日本訪問なしという今春ですが、香港公演はウィークデイの真ん中なんでたぶん行きません。飛行機代もそんな安くないし。行くなら週末公演のホーチミンです(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20631/50927440

この記事へのトラックバック一覧です: クラプトンの2011年ソウル公演を聴く:

« マイルス・デイヴィスの Bitches Brew Live (Sony Legacy) | トップページ | ソウルでCDショップを物色する »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アルバム(作ってみました)