サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« ローリングストーン誌のベック・クラプトン独占インタビュー | トップページ | クラプトンの新作はカバー曲集の模様(タイトルはWhiplash?) »

2010.05.13

ジョン・メイヤー、東京公演2日目を見る

Mayer_jpn●行ってきました、ジョン・メイヤー東京公演2日目。2月12日JCBホール。
 生ジョンは2年前にハイドパークのHard Rock Calling で見て以来。いやー、最高でしたよジョン君。

 お客さんはさすがにEC公演あたりと比べると若い人多し。特に若娘。でもちゃんと中高年もたくさん。この人の音楽の受容層の厚さを実感。

●自分はiPod に入れた2月12日のミシガン公演ばかり聴いていて、この日も最初の Heartbreak Warfare、Crossroads が同じだったので、「こりゃセットは同じで、アンコールは Who Says と Gravity だな」とタカをくくったら・・・全然違うじゃん。

 帰宅後、3月中のUSツアーのセットリストを確認したら、けっこうセット変わるんですね、この人。

●残念ながらドラムはスティーブ・ジョーダンではありませんでした。ドラム(Keith Carlock)、キーボード、ベースにギター3本とバック・ヴォーカルの女性2人という8人編成。ギターの1人はロビー・マッキントッシュ。

 高校時代に短期留学で日本の高校にいただけあって、日本語が出るわ出るわ。セットチェンジに時間がかかってると「チョットマッテネ」とか、「エイゴデハナソウカ?」とか(笑)。お馬鹿スレスレのユーモア感覚は最高。先日見た生真面目なギター青年然としたボナマッサとは大違い。

●うれしいことに、けっこうギター弾きまくり。上のミシガン公演が、Battle Studies 同様、軽めでポップな印象だったので予想外。もちろん大歓迎。

 Who Says の歌詞中、trip to Japan alone の箇所は Kyoto alone になってました。もちろんお客さんここで「Yeeeah!」と歓声。Gravity のアレンジも素晴らしかった。あれが落ちるか、という曲をやらなかったりしましたが満足。

 終演後、退場時に前列のファンにサインしまくりのお茶目なジョンでした。

●JCBホールはライ・クーダー公演に続いて2度目の体験でしたが、縦にバルコニーが重なる構造なので、キャパ2500人のわりにこじんまりしててちょっと大きめのライブハウス感覚。私は第1バルコニーの正面で見てましたが、ステージまでの距離はZEPP Tokyo の2階で見るより近いのでは。この会場けっこう気に入ってます。

●当日券はありますから、迷ってる方は行かれた方が良いです。わたしゃますますジョン・メイヤーという人が好きになりました。次回の来日はぜひあの素晴らしいトリオでよろしく。

-set list-

12th May, JCB HALL,
Tokyo Japan

01 Heartbreak Warfare
02 Crossroads
03 No Such Thing
04 Slow Dancin' in A Burning Room
05 Perfectly Lonely
06 Stop This Train
07 Your Body Is A Wonderland
08 Jam (shouting "Gan Batte Yo" in Japanese) > Vultures
09 Who Says
10 Friends, Lovers or Nothing
11 Half of My Heart (inc.Drum Solo)
-Band Introduction-
12 Jam > Gravity

-encore-
13 Bigger Than My Body
14 Wheel

-Band Member-
John Mayer (Guitar, Vocal)
David Ryan Harris (Guitar)
Robbie McIntosh (Guitar)
Charlie Wilson (Key)
Sean Hurley (B)
Keith Carlock (Dr)
Julie Delgado (Backing Vocal)
Melanie Taylor (Backing Vocal)

« ローリングストーン誌のベック・クラプトン独占インタビュー | トップページ | クラプトンの新作はカバー曲集の模様(タイトルはWhiplash?) »

John Mayer」カテゴリの記事

コメント

話題の中心は、いよいよ ec へ♪
ですがですが、My 2010 boom は、今しばらくはジョン・メイヤー君です~(爆)
             
スパ、元来(中学生時代より 爆)、自分のセンチメント・音楽理解力に自己チューで音楽を聴いてきてますが、今回の battle studies は、ヤバかったっす~♪

JM君、(音楽的に)演りきれちゃうことは、ジャンル・スタイル数多ある中で、"狙って勝負に出たアルバム"との印象を受けます。
GM誌のインタビューの受け売りではないですが、"時代を超えて受け継がれる歌(メロディ)を作りたい!"を狙った印象もありますが、聴いている最中は、いい歌書くな~♪ に尽きます。
                    
なんとか、ブートが出てくれると、ハッピーです♪
             
                       
P.S. tamagoron5 さんには、大感謝っすが~
http://www.youtube.com/user/tamagoron5#p/u                


                             

日本公演13日がdimeにあがりましたね。

>、"時代を超えて受け継がれる歌(メロディ)を作りたい!"を狙った印象もありますが、聴いている最中は、いい歌書くな~♪ に尽きます。


私も皆さん同様、ギターやブルースロック的な面への興味から入ったわけですが、
だんだん別の面への興味も広がりました。
JM君、ソングライターとして素晴らしいです。

ライブでも、Message in a bottle 歌ったり、フリートウッドマックのDreams歌ったり、Who Says のエンディングでS&GのHome bound付け加えてみたりと、独特のフットワークの軽さもなかなかいいなと。還暦過ぎではなかなかこうはいきません。(笑)

トリオでの来日の可能性もあるそうなので、そちらの方も期待しちゃってます。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20631/48346371

この記事へのトラックバック一覧です: ジョン・メイヤー、東京公演2日目を見る:

« ローリングストーン誌のベック・クラプトン独占インタビュー | トップページ | クラプトンの新作はカバー曲集の模様(タイトルはWhiplash?) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アルバム(作ってみました)