サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« クラプトンが、オールマンのビーコン・ランにゲスト出演 | トップページ | オールマン・ブラザース・バンドの2009年ビーコン公演ライブが5月にオフィシャルリリース »

2009.03.31

ボブ・ディランの新譜、Together Through Life が4月28日に発売

●ディランの新譜が4月28日に発売。2006年発売の Modern Times 以来33枚目のスタジオ・アルバム。

▲
Together Through Life

 印象的な表カバー写真は、Bruce Davidson の Brooklyn Gang という写真集に収録されているそうです。写真集の一部はここで見れます(右下に本盤で使われた写真あり)。

 録音メンバーは現在のレギュラーバンドのメンバーの他、ロス・ロボスの David Hidalgo 、トム・ペティ & ザ・ハートブレイカーズの Mike Campbell と Benmont Tench. 

 通常盤の他、2CD+DVDのデラックス・エディションがあり、デラックス・エディションの disc2 は、ボブがXM Satellite Radioで続けているラジオ番組 Theme Time Radio Hour のCD版。
 DVDは、Roy Silver – The Lost Interview というタイトルで、No Direction Home の未発表アウトテイクだそうです。収録詳細は下記参照。

●bobdylan.com に音楽ジャーナリストの Bill Flanagan による本アルバムついてのインタビューが載っていてpdfでも落とせます。

 インタビューによると、Together Through Life はチェス風のサウンドに仕上がってるそうです。確かめたい方は、現在bobdylan.comのトップページから、1曲目のBeyond Here Lies Nothin'のmp3(256kb)ファイルが落とせますのでなくならないうちにどうぞ。たしかにチェス風というのもうなずける音です。O.ラッシュの All Your Love に似てますが・・・

 2曲目の Life Is Hard は、昨年、フランス人映画監督の Olivier Dahan からサウンドトラック用に曲を書いて欲しいと頼まれたことがきっかけで作った曲でだそうです。TTLの全曲が映画のために書かれた曲ではないものの、この曲を出発点としてアルバム全体の流れが決まったそうです。

 インタビュー中、「誰かを聴き手として想定しないと、視点がなくなってしまう」と語るボブですが、


「僕の聴き手みんなにあてはまる合意みたいなものはないと思うよ。初期の曲が好きな人もいれば、その次の頃が好きな人もいる。ゴスペル期(the Christian Period)が好きな人もいるし、ポスト・コロンビア期(Post Colombian)、ラファエル前派(Pre-Raphaelite)が好きな人、90年代の曲が好きな人もいる。聴く人は、いつの時代の曲かなんて特に気にしてないように見えるね。彼らは本能的に形式や本質(style and substance)を感じとって、そこから何かをつかんでいるんだ。イメージというのは人を縛りつけるものじゃない。僕の曲の中に犯罪記録を持った占星術師がいたとして、誰もそこから人類の末路なんてことを考えやしない。イメージというのはありのまま額面通り受け取ればいいし、自分を自由にしてくれるものなんだよ。」


 だそうです。わかるような、わからんような(そもそもちゃんと訳せてるのかわからん)。Post Colombian やPre-Raphaelite というのはおやじギャグでしょうけど(笑)。

 あるいは、「民主主義のプロセスを信じてますか」というベタな質問には、


 「そうだね。でもそれは政治と関係があるのかな?政治は問題を解決してるというより作り出してるように見える。本当の権力というのは小さいグループを作ってる人たちの手の中にあるんじゃないの。彼らは肩書きなんて持ってないけどね。」


と答える、かつてプロテスト・ソングの旗手と言われたボブ・ディランでした。

●他にもいろいろ興味深いこと語ってますが、彼の語る言葉は歌詞同様難しいです(苦笑)。歌詞訳す方は大変ですなあ・・・


Bob Dylan / Together Through Life (Deluxe Edition)

-Disc 1-
1. Beyond Here Lies Nothin'
2. Life Is Hard
3. My Wife's Home Town
4. If You Ever Go To Houston
5. Forgetful Heart
6. Jolene
7. This Dream Of You
8. Shake Shake Mama
9. I Feel A Change Comin' On
10. It's All Good

-Disc 2-
1. Howdy Neighbor (J. Morris) - Porter Wagoner & The Wagonmasters
2. Don't Take Everybody To Be Your Friend (M.Gabler/R. Tharpe) - Sister Rosetta Tharpe
3. Diamonds Are A Girl's Best Friend (L. Robin/J. Styne) - T Bone Burnett
4. La Valse De Amitie (O. Guidry) - Doc Guidry
5. Make Friends (E. Mcgraw) - Moon Mulligan
6. My Next Door Neighbor (J. McCain) - Jerry McCain
7. Let's Invite Them Over (O. Wheeler) - George Jones & Melba Montgomery
8. My Friends (C. Burnett/S. Ling) - Howlin' Wolf
9. Last Night (W. Jones) - Little Walter
10. You've Got a Friend (C. King) - Carole King
11. Bad Neighborhood (Caronna/M. Rebennack) - Ronnie & The Delinquents
12. Neighbours (M. Jagger/K. Richards) - The Rolling Stones
13. Too Many Parties and Too Many Pals (B. Rose/M. Dixon/R. Henderson) - Hank Williams as Luke the Drifter
14. Why Can't We Be Friends (S. Allen/H. Brown/M. Dickerson/J. Goldstein/L. Jordan /C. Miller/H. Scott/L. Oskar) - War

-Disc 3(DVD)-
1. Roy Silver - The Lost Interview

« クラプトンが、オールマンのビーコン・ランにゲスト出演 | トップページ | オールマン・ブラザース・バンドの2009年ビーコン公演ライブが5月にオフィシャルリリース »

Dylan」カテゴリの記事

コメント

私もあれは、All Your Loveに似ていると思いました。
もっとも私にとっては、"Bluesbreakersの"というところでしたが。

お馴染みJack Frostのアレンジですが、
Modern Timesよりもずっと耳にやさしいです。
前作の評価は相当高かったのですが、私は未だに馴染めません。

この曲が新譜のトップを飾るということで、
この位置がふさわしいかどうかという議論がとある掲示板で行われていました。
All Your Loveとつながってくれば、またありかなとは思いました。

最近の傾向から、色々と想像します。
2曲目は柔らかい感触の曲なのか、
最後の曲はやはり長いのか、などと。

何はともあれ、楽しみな1枚です。

Catpochiさん、お久しぶりです。
コメントありがとございます。

>この曲が新譜のトップを飾るということで、
この位置がふさわしいかどうかという議論がとある掲示板で行われていました。

そうでしたか。私はちゃらんぽらんなので曲順はほとんど意識しないでボーと聞いてますが、やはりチェスに対するオマージュみたいな気持ちがあるんでしょうか。

前作modern times はけっこうお気に入りです。あと、私的に、Bootlegシリーズ8でNET以降のボブに対するとまどいが消えた感じなので(理由不明(笑))、自分がどんな風にTTLを聴けるか楽しみにしてます。

ボブ・ディラン=フォークの有名なひと、ぐらいの知識で、その彼の新しいアルバムがとても売れている、というのがTime Out Of Mindで。

買ってから1年間は寝かせました。
あれも1曲目のLove Sickから理解できず。
しかしふとした時から急に聞けるようになり、
今ではそんな思い入れもあいまって大切なアルバムの1枚です。

Love & Theftは頭からキャッチーで、ヘビーローテーションでした。

Modern Timesは、Thunder On The Mountainが合わないんですねえ。
イントロがカッコつけすぎじゃないかと。
あのアルバムからは、Beyond The Horizonのアレンジがツアーごとに変わって、心地よいです。

そして、新譜です。
もう1曲を、別のサイトで聞けました。
そして、アルバムの質を心配する声すら、ちらほら聞こえてきます。
2曲で全体像を推し量るのなんて無謀な話なので、私は楽観視しています。
このぐらいのアレンジであれば、十分だと思います。
ただし、前3作の評判が良すぎたこともあり、比べるとそれほど良くないのではないか、という話ですが。

まあ、聞いてみてどう感じるものか。
間違いないのは、皆が発売を楽しみにしているということです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20631/44408015

この記事へのトラックバック一覧です: ボブ・ディランの新譜、Together Through Life が4月28日に発売:

« クラプトンが、オールマンのビーコン・ランにゲスト出演 | トップページ | オールマン・ブラザース・バンドの2009年ビーコン公演ライブが5月にオフィシャルリリース »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アルバム(作ってみました)