サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« Derek and The Dominos in Concert(再発・紙ジャケット) | トップページ | ボブ・ディランの新譜、Together Through Life が4月28日に発売 »

2009.03.20

クラプトンが、オールマンのビーコン・ランにゲスト出演

●NYのビーコン・シアターで開催中のオールマン・ブラザース・バンド40周年記念ビーコン・ランですが、噂どおり19日のショー、休憩後の2部からクラプトンが登場した模様です。

 以下、marsさんのスペシャル報告より2部のセット(勝手に使ってごめんね)。

Key To The Highway
Dreams
Why Does Love Got To Be So Sad
Little Wing
Anyday
-encore-
Layla

Beacon_entrance

●やはり生で聴きたかったなあと。20日も登場という噂ですが明日行く人現地ルポお願いします(笑)。今年のショーくらい映像付きでリリースしてくれないかなあ。moogis登録しようかな・・・
(追記:2009ビーコンのすべてのショーがInstant Liveで正式発売されることになりました。めでたし)

 以上、special thanks to mars さん、でした。



(追記)
 2月20日のクラプトン参加曲のリストです。


Key To The Highway
Stormy Monday
Dreams
Why Does Love Got To Be So Sad
Little Wing
In Memory Of Elizabeth Reed
-Encore-
Layla

« Derek and The Dominos in Concert(再発・紙ジャケット) | トップページ | ボブ・ディランの新譜、Together Through Life が4月28日に発売 »

Allman Brothers Band」カテゴリの記事

Clapton」カテゴリの記事

コメント

satoさん、ども(笑)
某掲示板への馬鹿丸出しな投稿をご覧いただき、それをお使いいただけるとは思いませんでした。ありがとうございます。

正直、ここまでやってくれるとは思いませんでした。
EricのいないSet 1でも、Woman Across The Riverを除けば完全なABBのクラシック曲ばかり。もうこの時点でDuaneとEricに対するリスペクトで構成されたステージと言う感じがヒシヒシと感じられましたね。
またSet 1最後のWhipping Postも短めとは言え、凄いクオリティ! Derekの演奏の切れ具合も半端無かったです。

Ericが出て来てからは、何か魔法がかかったような感じがしましたね。
Greggも交えて唄ったKey To The Highwayで最初の鳥肌。
Dreamsが始まった時はまさかEricがソロをとるとは思いませんでしたわ。
Why DoesのAmaj7 : Dmaj7のところでの3人の絡みの素晴らしいこと。
Little Wingに至っては、これでSet2が終わってもおかしくないくらいの力の入りよう。でも、これすらもある意味助走。
私のLayla Albumの中で一番好きなAnydayをSusanを交えてやってくれるとは。Set 2の終わりにふさわしい素晴らしい出来でした。
アンコールのLaylaはハードなこと、ハードなこと。ここまでハードなLaylaは久しぶりでは?と思った程です。また、ピアノコーダ部まではやらないと思ったのですが、Gov't MuleのDanny Lewisがピアノを担当し、Derekがまた素晴らしいスライドソロをとって終わりました。
今までのクセでそのままCocaineにとか一瞬思ってしまいましたが、さすがにそれは無し。
いやぁ、本当に行った連中が実に羨ましいです・・・・・(T_T)

marsさん、感謝です♪
あちらこちら(爆)をワクワクしながら拝見していました。

明日からの情報もmarsさん、Satoさん、よろしくネ♪

marsさん、ご寛容感謝です。m(__)m

行って生体験できた人もうらやましいですが、リアルタイムでドキュメントを味わえたmarsさんもうらやましいですよ。
例のINSTANT LIVEで出して欲しいですが、レコード会社が違うと難しいですかねえ。
今回のビーコン、ぜひオフィシャル・リリースしてほしいです。

言われるように、第1部もオールマンズ・クラシックスという感じで、バンドもDuane在籍の「あの時代」を意識しまくりだったんでしょうね。

まさに一期一会。RAHよりビーコンだったかな。
悔しい~(笑)

はじめまして。今年のビーコン大変な事になってますね!私は英語読めないですがmoogisというのは登録すると全てのショーが自宅で見れる仕組みですか?少し詳しく教えて頂けないでしょうか?

長年のファンさん

こんにちは。Satoさんに代わってしゃしゃり出て来ました(笑)
Moogisについては基本的にご認識されている通りのものです。
但し、有料で$125、半年間見放題と言う料金になっています。この料金が微妙で、音はまだしも画質は所詮ストリーミングですので過大な期待をすると裏切られる可能性があります。
サイトのURLは、
http://www.moogis.com/
になります。一応、サイトに入った所にお試しで見られる映像がありますので確認された上で判断されると良いでしょう。
尚、登録に際しては若干クセがあります。
Subscribe now と言うボタンを押して、出て来たページで Get Instant Access を押すと何とショッピングカートは空ですと出て来ます。その文字列の上のバーにまたSubscribeと言う文字があるので、もう一度クリックするとようやくAdd To Cartボタンがありますので、それを押すことで次のステップに進めます。非常に混乱するシステムですのでご注意ください。
その後のステップでは、住所や電話番号・クレジットカード情報の入力を英語でしなければなりません。慣れていないと戸惑うかと思いますが、これらは参考にできる日本語サイトがあるかと思いますので探してみてください。一例として、
http://homepage2.nifty.com/comodo19/ticketmaster.html
のクレジットカード登録に関する部分が参考になるかと思います。

21日のGuestは・・・元ガンズのSlashと聞いた?
何でSlashなの???
貴重性からすると観てみたい・・・でも出来れば観たくない・・・
結果・・・あの外人嘘つきやがったぁ~爆

marsさん、moogis情報詳細にご回答いただきありがとうございます。
ということで、ご参考ください>長年のファンさん


U.M.A.さん、お帰りなさい。

>結果・・・あの外人嘘つきやがったぁ~爆

嘘つき外人は珍しくありません。
私もときどき嘘つきガイジンになります(笑)。

でもspurb nightに生で立ち会ったんだから、いいじゃあないですかぁ~
うらやましすぎる。今後数ヶ月にわたって見聞を御開陳する義務を果たしくださいな。

噂にあがっていながらまだ登場してないのはA.フランクリンですか。
さてさて、どうなることやら......

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20631/44407223

この記事へのトラックバック一覧です: クラプトンが、オールマンのビーコン・ランにゲスト出演:

« Derek and The Dominos in Concert(再発・紙ジャケット) | トップページ | ボブ・ディランの新譜、Together Through Life が4月28日に発売 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アルバム(作ってみました)