サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« クラプトンの2009年ツアー・メンバー | トップページ | フェスティバルホール最後の日 »

2008.12.29

ニール・ヤングのライブ記録本 Ghosts On The Road

●以前から気になっていたニール・ヤングのライブ記録本、Ghosts On The Road: Neil Young In Concert 1961-2006 です。2006年までのデータが補充された第2版。

Ghostsontheroad

 今月中頃、やたらデカイ Royal Mail 便が届き、一瞬「いったい何を買ったんだと?」と思いきやこれでした(届いたブツが何か瞬時に分からんようになったら終わりです・・・)。
 CDサイズと比べても分かると思いますが、現物はかなりサイズが大きいです。B5サイズのラップトップPCより一回り大きく、重さもPCより重いです。ちなみに1996年に出た第1版のカバーはこんな感じでした。

 送料込みで34ポンドと、1ポンド=約200円超時代ですと(わずか半年前。トホホ)躊躇してしまうようなお値段でしたが、ここにきての一気の円高、というか異常なポンド安でかなり割安感。
 なにより、Sugar Mountain のリリースで、ニールの初期のライブ・データへの好奇心も芽生えたこともあり販売元でポチり。Paypal決済。

●この手の本の宿命で、収録済みの2006年までのデータからすでに2年分のデータが発生しているわけですが、新規データや修正データは補訂版がファイルで配布されてます(現在2008年8月分までのデータ)。

Ghosts_69mi_revised1

 見にくいですが、上写真は、先にリリースされたライブ盤 Sugar Mountain 関係のデータです。上が修正前の本掲載データ、下が修正ファイルのデータ。
 まだ未知の部分もありますが、ミシガンの Canterbury House 公演は8~10日の3日間あったらしいこと(8日は未録音)、CDでは単に November 9 & 10 とだけ記されていた音源は、9日の演奏がやや多いことが分かります。

 余談ですが、Sugar Mountain のCDには収録されなかった10日の I Am a Child が、iTunes 版では Bonus Track として付いていて、この曲だけ単独で買うことができます(要iTune環境、米アカウント)。ポチ。

●各ツアーについての概略解説、セットリストの他、該当ブート・タイトルの併記ありと、非常に便利です。正直、ブート・ショップを月に何度ものぞいていた頃、これを見ていたらヤバかったと思いますが、もう安心(笑)。

 こういう研究本を一般の書籍として採算ベースに乗せるのは絶対に無理で、ネット時代でなければ、求道者による趣味・道楽・研究の世界で完結してしまっていたものと思いますが・・・おそろしや(笑)。

 同様の研究では、ディランについての Olof Bjorner氏による労作がありますが(製本版の販売もありますが、pdfファイルの無料ダウンロードも可)、本書はそのニール版ですね。

 多くの Rusty の持ち寄ったデータがベースになっていて、潜在的には多くの匿名子による「共作」とも言えると思いますが、本にまとめあげた Pete Long さんに遅ればせながら感謝。

 何はともあれ、はるか極東の物好きはペラペラめくりながら、物思いにふけっているのでありました。

« クラプトンの2009年ツアー・メンバー | トップページ | フェスティバルホール最後の日 »

N.Young」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ニール・ヤングのアーカイブス情報を求めて探していたらこのページにたどり着きました。ライブ記録本、早速アマゾンでワンクリックしてしまいました。
カンタベリー・ハウスの国内版も注文しています。
DVDセットが楽しみですが・・・高そうですし、リージョン1では見れないですね。国内版だと、もし出ても、相当高いでしょうね。
また、情報を載せてください。

西村さん、どうも。

ライブ記録本オーダーされたとのこと。
アーカイブBOXがリリースされればまた未知の事実が分かってくるのかも知れません。

BOXは公表済みの写真を見るとすごいブツという感じで、いったい字幕を付けた国内盤は出せるのでしょうか・・
輸入盤ですと、ややDVDよりやや割高ですが、リージョンが日米共通のブルーレイで行くという手もあると思います。自分はその予定です。リリース直後に買うかは懐具合しだいですが。

なにか分かったらまた書きます。あまり期待しないでください(笑)。

遅くなりましたが、ライブ記録本、届きました。
よくこれだけ情報集めたな、が感想です。英語は不得手なので眺めているだけですが・・・。
ボックス・セット、未だ出てないですよね?
カンタベリー・ハウスも届き、聞きました。
「良いものもあるし、ちょっとね、と思うものもあり」が感想でした。

佐賀県:西村です さん、ども。

ニール本届きましたか。重かったでしょう(笑)。
私もそんなに読み込んでいません。まあ、最初から順に読み込んでいくような本ではないので、必要に応じてパラパラという感じでよいのではないでしょうか。

ニールBOXは2月リリース予定がまた微妙に延びたような感じですが、今までが延期の連続なのでいまさら驚きません。
財布的にもちょっと小休止が欲しいですし(苦笑)。

カンタベリーハウスは国内盤ですか?対訳はどんなもんでしたでしょうか。


でもって、達郎さんですが。

福岡公演体験おめでとうございます。

たしかに立ち見にしてはちょっと高いです。最初から立ちっ放しコンサートならいいですけど。
でも、ご夫婦で、素晴らしい3時間だったのではないかと思います。

私の方は長崎公演後のチケットは全滅中です。
けっこう周囲でも途方にくれてる人がいて、プラチナチケットを実感しました。
ファンクラブの会員でも希望者全員にチケットというわけでないないようですねえ。

ということで、なんとかもう一回だけでも、と格闘中です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20631/43470432

この記事へのトラックバック一覧です: ニール・ヤングのライブ記録本 Ghosts On The Road:

« クラプトンの2009年ツアー・メンバー | トップページ | フェスティバルホール最後の日 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アルバム(作ってみました)