サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« ジョンとポールの住んだ家に行く(番外編) | トップページ | ロイヤル・フェスティバル・ホールでフィルハーモニア管弦楽団を聴く »

2008.07.15

ヴァージン・トレインズ、ペンドリーノに乗る

 まだ旅記録。

ヴァージン・トレインズペンドリーノ乗車ルポです。

Pendolinoeuston

 ロンドンのユーストン駅からリヴァプールのリヴァプール・ライム・ストリート駅の往復乗車。ファースト・クラス、往復60ポンド。

 Off Peak の早割運賃ですが、座席指定、飲食サービスを考慮すると新幹線の指定席よりずっとコスト・パフォーマンス高いです。

 チケットは、ヴァージン・トレインズのサイトでWeb予約できます。
 ただし、住所記入時にUK内しか選択できないようになってました(プルダウン・メニュー上はUK以外もありますが、ブラック・アウトして選択できなくなる)。仕方ないのでホテルの住所、郵便番号入れました。

●予約時に機械発券を選ぶと、チケットは駅の Fast Ticket という券売機で発券します。
 マシンのメニュー画面の「チケット購入」/「予約済みチケットの発券」うち後者を選んで、予約時に使ったクレジット・カードを突っ込み、予約番号を入力するとすぐ発券。

 乗車券が昔と同じデザインでした(左から旧、新)。

Ticket

 旧英国鉄道は90年代に分割・民営化され、現在、在来線の運行会社はバラバラですが、統括機関はあるようです。当然チケット発券システムも承継・共有かと。

●ユーストン駅にはファースト・クラス客用のラウンジがありました。駅の隅っこ。ちょっと薄暗く、人いません(笑)。
 飛行機の乗り継ぎならともかく、鉄道移動でこんなとこにくるヒマ人はいないんでしょう。貧乏性の私は入ってジンジャエール飲みましたが。

Lounge

●列車案内の電光掲示板です。

Departure

 この下で皆じーっと掲示を眺めてます。何番線発か表示されてない列車があるので表示待ち。リヴァプール行きは発車15分前になっても表示なし。
 「大丈夫か」と思ったら表示され、皆いっせいに移動。何だ。皆、リヴァプールに行くのか(笑)。

 で、私も移動。車両前でタイムズ紙を無料で配ってたのでガメツクもらいました。

●席に着くと、すでにテーブルセッティング済み。発車してすぐサービスが始まり紅茶をついでくれました。

Table1

 ファースト・クラスは、off peak時間でも、9-11時の乗車は朝食が出ます。
 9時前の列車だと、ただの Breakfast ではなく Great British Breakfast という豪華?バージョンです。11時過ぎるとスナック類。ドリンクはフル・タイムのサーヴィス。
 飲食サービスに限っては、新幹線のグリーン車よりも全然いいですね(乗りませんがw)。

 で、これが朝食。スモーク・サーモンかサンドウィッチが選べ、後者はベーコンかソーセージお好みの方。これは、ソーセージの方(先に注文を取りに来てしばらくすると配食されます)。

Breakfast

 あまり美味そうに見えませんが(笑)、ホットな炒めたてソーセージで悪くない味でした。200キロ超で走る車両の揺れで、紅茶がこぼれそうになります。

●時間遅れを気にする私の心配をよそに、ほぼ定刻、ライム駅内に入線。

Lime_enter

 下車し、ぞろぞろ歩く客。

Lime2

 ライム駅構内。

Lime3
Lime4

 こちらは駅構内のお店エリア。飲食店、コンビニ、ドラッグ・ストア、スーパー、ATM、有料トイレ、証明用写真撮影機(笑)等、一通りあります。ローカル線の改札もこちらにあります。

Lime_shop

 ライム駅正面。

Lime_main

 車寄せのあるライム駅サイド側。帰る時撮影しましたが、当時どしゃ降り(泣)。

Lime_side

 復路も軽食サービスがありました。待ち時間に食べてしまい空腹でなかったので、コーラ注文。グラスに入れた氷にミニ缶2つくれました。当然、ヴァージン・コーラ(笑)。

Coke

 復路もほぼ定刻にユーストン着。

 でした。

« ジョンとポールの住んだ家に行く(番外編) | トップページ | ロイヤル・フェスティバル・ホールでフィルハーモニア管弦楽団を聴く »

乗り物」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20631/41764208

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァージン・トレインズ、ペンドリーノに乗る:

« ジョンとポールの住んだ家に行く(番外編) | トップページ | ロイヤル・フェスティバル・ホールでフィルハーモニア管弦楽団を聴く »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アルバム(作ってみました)