サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« STOLEN MOMENTS / ディラン、63年タウン・ホール公演完全版 | トップページ | クラプトン、ダブリン公演で Isn't It A Pity を演る »

2008.06.21

クラプトン、サマーツアーのメンバー変更される

●20日に、アイルランドのコーク(Cork)で始まった、クラプトンのサマーツアー2nd leg ですが、なんとバンドメンバーが変更になりました。

Willie Weeks (bass) !!!!!!
Abe Laboriel Jr. (drums)

 Willie さんの復活は大歓迎ですが、Abe Laboriel Jr さん、ってポール・マッカートニーのツアーで見た、怪力系ドラマーじゃあ、あーりませんか。

 うーん、あの体育会系?(失礼)パワフルドラムが、あのセットリストというか、クラプトンの音楽にどう馴染むことやら・・・

●まあ、これは一聴にしかず、ということで。来週末のチケット1枚あるので自転車で行ってき・・・

Hrc_tix

●以下、コーク公演のセット・リストですが、7曲目、今ツアーの肝の Don't Knock My Love をあっさり落として Why Does ってホントなんでしょうか?????

1 Tell The Truth
2 Key To The Highway
3 Hoochie Coochie Man
4 Little Wing
5 Outside Woman Blues
6 Double Trouble
7 Why Does Love Got To Be So Sad
8 When You Got A Good Friend
9 Rockin' Chair
10 Motherless Child
11 Travellin' Riverside Blues
12 Running On Faith
13 Motherless Children
14 Little Queen of Spades
15 Before You Accuse Me
16 Wonderful Tonight
17 Layla
18 Cocaine
-Encore-
19 Got My Mojo Working (with Robert Randolph)

« STOLEN MOMENTS / ディラン、63年タウン・ホール公演完全版 | トップページ | クラプトン、ダブリン公演で Isn't It A Pity を演る »

Clapton」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

うは!
Abe、なぜおまえが!
大笑いしてしまいました。
WikipediaのAbeの項を眺めていたところ、Eric Claptonとの共演があったとのこと。
一調べしてみました。

こちらさんのサイトを引用させていただきますと。
http://ameblo.jp/ongakusonohoka/entry-10045868756.html
1曲だけ、やっているんですね。

ともかくも、早く音源が出回らないですかねぇ。

回顧気味のClaptonはBlind Faithまでやってくれましたが。
Delaney Bramlettとやってくれないかなぁとも、勝手に望んでおります。

>今ツアーの肝の Don't Knock My Love をあっさり落として・・・

あ・あ・あかん~~~泣

>Catpochiさん、どもです。

大笑いでしたか(>Abeさん、失礼)。

競演歴についての貴重な情報ありがとうございます。
Higher Ground では、名手J.ケルトナーをパーカッションに押しやっての主役なんですね。
聴いてみましたが、レゲエ曲にしてやはりちょっと叩き過ぎのような気が(笑)・・・ECも負けずにシャウト気味なんで、今回もプラス効果?はあるかもしれません。

逆に、Double Trouble や Little Queen of Spades のような曲でどんなバッキングを聴かせてくれるのか興味津々です。
まあ、そのうち音源が出てくるでしょう。

デラニーとやるとなると期待はスワンプ系ですねえ。激しく希望しますが、デラニーご本人との交流はもうあまりないようなので難しいでしょうねえ。
まあ、望みは捨てずに待ちましょう(笑)。


>すろはんさん
あ・あ・あかん~~~泣

あのオッサン最近気まぐれなんで。
まあ、良い「気まぐれ」を期待しましょう。

ひさびさに「書込み」なるものをして、調子こいちゃってます(笑)。

先日来のサマーツアーですが、正直選曲的にはあまり魅力を感じません。このままで来日するぐらいなら、来年に延びてもいいから、内容の見直しをしてほしい、とさえ思っています。

何よりも、ウィンウッドとの共演の成果を活かせていないのが残念に感じるところです。「フォーエヴァー・マン」や「プレゼンス・オヴ・ザ・ロード」はぜひとも引き続き取り上げてほしかった。

まあ、それを言うなら、クラプトン/ウィンウッドで来日してもらうのがベストだったんですけどね(笑)。

さらにブルー爺さんとの会話です(笑)

>先日来のサマーツアーですが、正直選曲的にはあまり魅力を感じません。

えー、正直に告白すると自分もそれに近いような感じです。
演奏も、ドイル初参加時のツアーの焼き直しみたいな印象で。
見ればそれなりに満足するでしょうけれど。
たぶん一本見るでしょう(笑)。


>まあ、それを言うなら、クラプトン/ウィンウッドで来日してもらうのがベストだったんですけどね(笑)。

これは本当にどうにかならなかったんでしょうかねえ。
NYのみになった理由はよくわかりませんが、せめて、英、米、日の3地点でご披露くだされば、もっと多くのファンが生見できたわけですから。

まあ、EC御大、気まぐれ度が最近増してるようなので。
とりあえず早く日本公演をお願いしたいです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラプトン、サマーツアーのメンバー変更される:

« STOLEN MOMENTS / ディラン、63年タウン・ホール公演完全版 | トップページ | クラプトン、ダブリン公演で Isn't It A Pity を演る »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アルバム(作ってみました)