サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« ストレンジデイズ 6月号の、SW&ECのMSG公演ルポを読んでみる | トップページ | クラプトン、サマーツアーのメンバー決まる »

2008.04.23

Billboard Live 東京で細野晴臣&ワールドシャイネスを見る

 六本木の東京ミッドタウンにある Billboard Live 東京で行われた細野晴臣&ワールドシャイネスのライブに行ってみました。

 4月22日・23日の2日間、1日2公演の計4公演ですが、私の見たのは22日、9時半開演のレイト・ショーでした。

Hosono_billboardlive

 東京ミッドタウンに来たのは初めて、というか、私が最後にここに来たときは、まだこの場所は防衛庁でした・・・っていつだ(苦笑)。

 以下、ネタバレあり。

●メンバー入場時に「なんで子供がいるんだ?」と思ったら、ワールドシャイネスのメンバーのコシミハル女史でした(失礼、というか若いです。ミニスカだし)。

 セットリストはこんな感じでした。

1 Moments Like This
2 I'm Leaving It Up To You
3 When That Great Ship Went Down
4 映画「グーグーだって猫である」の音楽から(タイトル知りません。m(__)m)
-細野さん、ここでテンガロンハットを脱いで気合い-
5 Chattanooga Choo Choo
6 香港Blues
7 キャラヴァン
-メンバー紹介-
8 Pistol Packin' Mama
9 Morgan Boogie
10 Pon Pon Joki
11 Body Snatchers
12 Sports Men
-アンコール-
13 はらいそ

 時間にして70分強くらい。開幕前に清水宏氏のコント調の前説あり。

●去年12月の横浜サムズアップでのショーは行きそびれましたが、その時とはかなりセットが違います。さすが同じことの繰り返しはやりたくないお方といいますか。

 私的な感想は、前半の4曲はちょっとまったりしすぎというか、正直あまり夢中になれませんでした。
 Chattanooga Choo Choo 以降は大変楽しかったです。特に最新バンドのワールドシャイネスのバージョンをずらり並べた Pistol Packin' Mama 以降のバンドのグルーブはさすがでした。

 「速いテンポでやる」と言って始めた快速 Pon Pon Joki ですぐ歌えなくなり、テンポ落としてやり直したのには笑えましたが、あれはお約束のギャグなのでしょうか。

 MCは例によって虚実乱れ飛ぶ細野ワールド。一緒に行った友人は「よくまあ、いつもいつも適当なデマカセばかり語れるもんだ」と呆れ・・・いや感動してました。

Billboard Live 東京は初めてでしたが、ちょっとバブリー(死語)な雰囲気はするものの、演奏者の表情まで丸わかりの超近接距離でライブが楽しめるのは格別です。
 客席は上に伸びていく座席配置でどこからでもよく見えそうです。私はギャレーのすぐ前のDHというテーブル付きの席で見てましたが、ステージはこんな感じで見えます(開演前写真)。

Bt_stage

 小規模なPAも使ってますが、楽器の生音、アンプからの直接音が耳に入ってくるので音は素晴らしいです。ショーの最後に視覚的なサプライズがありますが、あれは、出演者を問わず行われるこの小屋の恒例なのでしょうか。

 チケット代は安くはないですが、キャパを考えれば不合理に高くはないと思うので、お気に入りのミュージシャンがやるときはまた来たいと思うのでありました。

« ストレンジデイズ 6月号の、SW&ECのMSG公演ルポを読んでみる | トップページ | クラプトン、サマーツアーのメンバー決まる »

日本のロック」カテゴリの記事

細野晴臣」カテゴリの記事

コメント

>例によって虚実乱れ飛ぶ細野ワールド。

ライブ行ったことないんですが、細野的ラビリンスな空気満載なんでしょうねw
ほぼ日の夢日記読むの楽しみだったんですけど、更新忘れられて残念です。
http://www.1101.com/hosono/

私もこの間、Billboard Live 東京行ってきたんですよ。トッド・ラングレンで。
1人なんでもっぱらカジュアル席で。いいですよねなかなか。で、ついポチッとしてしまい、今度6/13の1stに行くことに。
それにしてもチャカ・カーン最前席で見たら一体どんなことになるのかと、レポがどこかに出るの楽しみにしてますw

>5 Chattanooga Choo Choo
>6 香港Blues
あたりは,中華街ライブを知らない自分にとって,感動しました。
でも,わたくしにとって音楽は添え物ではなく,メインディッシュでした。

ところで,コシミハル女史は1960年1月3日生まれで,78年デビューってことですから,YMOとキャリアは一緒ですね。

例年、GWのないSatoです。他で休みますが(爆)

>spoonfulさん、ども。

夢日記は更新止まっちゃいましたね・・・
私は実体験反映型の悪夢ばかり見るクチなので、細野さんの夢が羨ましかったです。

Billboard Liveでのトッドのルポは拝見してました(良い人ですね、トッド)。
細野さんはあまり大きな音出しませんが、ここで音量デカい系の人聴くとどんな感じなのかなあと、細野さん聴きながらぼんやり思ってました。

6月にまた行かれるとのことで楽しんできてください。
いっそのこと、チャカ・カーンもご自身でレポいかかがですが(笑)


>ほちょのさん、ども。

>5 Chattanooga Choo Choo
>6 香港Blues

の2曲は自分も嬉しかったですね。
「音楽は添え物」という細野さん自身の名言(迷言)があるとは言え、演奏中はメシは食えんでした(笑)。

コシミハルは名前はカナに変わりましたが、外見は昔から全然変わってないような。お歳を考えると、あの御脚は見事です。
YMOのメンバーは年相応に変化してます(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20631/40967067

この記事へのトラックバック一覧です: Billboard Live 東京で細野晴臣&ワールドシャイネスを見る:

« ストレンジデイズ 6月号の、SW&ECのMSG公演ルポを読んでみる | トップページ | クラプトン、サマーツアーのメンバー決まる »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アルバム(作ってみました)