サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« カーネギー・ホールでウィーン・フィルを聴く | トップページ | オールマン、5月のビーコン・ランを延期 »

2008.03.27

ドミノス、70年フィルモア・イースト公演の Bottle of Red Wine

 未更新が続いてますが・・・

Wolfgang Vault からの最新メールの This Week's Featured Concert に、デレク・アンド・ドミノスの1970年10月24日、フィルモア・イースト公演があったので、Bottle of Red Wine がどう扱われてるかと思い、聴いてみました(要登録、無料)。

Wvault_domios24_2

●以下は、ご存じの方も多いと思いますが。

 同年10月のドミノスのフィルモア・イースト公演の音源は、正規盤以外にも、23日、24日のセカンド・ショーのサウンドボード音源がブートで出回ってますが、最初に世に出た LIVE AT THE FILLMORE (Tarantura) の時から、両日とも Bottle of Red Wine が収録されてます。
 ところがこれ、どちらも同じテイクです。ギターソロを聴き比べると同じなのでわかります(なぜか、23日の方が少しスロー気味で、同時に再生すると徐々に遅れます)。

 23日のセカンド・ショーはオーディエンス録音が出回っていて、Bottle of Red Wine が演奏されているので、サウンドボード音源に収録されている同曲のテイクは23日のものということが分かります。
 24日のセカンド・ショーでは同曲は演奏されてない、というのがたしか定説になってたかと思います。

●で、今回 Wolfgang Vault で24日の公演が聴けるというので、Bottle of Red Wine はどう扱われてるかと興味津々でアクセスしてみたら・・・・セットリストに入ってる(笑)。
 当然聴く・・・・・ブートと同じでした。そりゃそうよ(笑)。

 なお、23日の公演もすでに Wolfgang Vault で聴けます。

Roberty_sessions ちなみに、Marc Roberty の ERIC CLAPTON THE COMPLETE RECORDING SESSIONS, 1963-1995 によると、ブート同様、24日の録音に Bottle of Red Wine がリストアップされてます(Unissued 表記)。これは、レコード会社のテープ保管庫にあるトラック・ダウン後のマスターテープがすでにそうなってるんでしょう。なんでそんこなことになったかわかりませんが。
 で、Wolfgang Vault はそれを使っただけと(あるいはブートを使った(笑))。

 ということで、大山鳴動して?鼠0匹、でした。

« カーネギー・ホールでウィーン・フィルを聴く | トップページ | オールマン、5月のビーコン・ランを延期 »

Clapton」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドミノス、70年フィルモア・イースト公演の Bottle of Red Wine:

« カーネギー・ホールでウィーン・フィルを聴く | トップページ | オールマン、5月のビーコン・ランを延期 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アルバム(作ってみました)