サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« ベルリン滞在中です | トップページ | ムジークフェライン・ザールでウィーン交響楽団を聴く »

2008.01.14

フィルハーモニー・ホールでベルリン・フィル定期公演を聴く

●1月11日、12日の2日間、ハイティンク指揮のベルリン・フィル定期公演を聴きました。ガイドツアーで中に入ったことはあったのですが、このホールで音楽聴くのは初めてです。

 ベルリン・フィルはちょくちょく日本公演をやってますが、自分はほとんど聴いてなく、記憶を辿ってみると、たしか77年にカラヤン指揮でベートーヴェンの交響曲全曲公演をやったときに1回聴いたのが最後。途方もない年月じゃ・・・

●定期なのでプログラムは両日とも同じで、

バッハ=ヴェーベルン/「リチェルカーレ」(「音楽の捧げ物」より)
ベルク/ヴァイオリン協奏曲(Vn:F.P.ツィンマーマン)
シューベルト/交響曲第8番「ザ・グレート」

 ドイツ音楽の王道プロですが、ハイティンクと新ウィーン学派の音楽というのはあまりピンとこない結びつきで、実際、ウェーベルンとベルクの2曲はスコアを見ながら振ってました。他方、シューベルトは完全暗譜と対照的。

●下の写真は裏口。ポツダマープラッツ駅から歩いてホールに行くと裏口から入った方が早いです。大ホールはこの右にあります。手前右側に事務局の入り口があって、ガイド・ツアーはそこに集合することになってます。

Entrance_rear

 シャルーン設計のホールはユニークの極みで、ホワイエは誰もいないときに見ると無機質な印象ですが、人が埋まるとけっこう暖かい雰囲気になります。

Foyer

 11日の席はこんな位置。このホール、各ドアまでの経路が迷路のようで、慣れるまで自分の席にたどりつくのに骨がおれます。方向音痴の人は完璧アウトと思われます。

Bp1

 12日は気分を変えて舞台後方席。サントリーホールもそうですが、背後席けっこう好きです。

Bp12

 演奏は(専ら「グレート」中心の感想ですが)、私的には12日の方が受けたインパクトが大きく、ここでベルリン・フィルを聴くを幸福を心底味わいニヤニヤでした。
 11日の席位置だと、弦楽器群の音がヴォリューム不足に聞こえました。12日の舞台背後席だと、オーケストラのバランスはちょっと変ですが、ボリューム的な不満はなし。

 まあ、両日とも、シューベルトの終楽章コーダーなんて凄まじい音出してましたが。

Shimizu●ミーハー話ですが、ビオラの一列目が2人とも女性で(もちろん1人は清水直子さん)。、カラヤン時代のザビーネ・マイヤー騒動を思うと隔世の感です。
 清水さんは、プログラム裏のドイッチェ・バンクの広告にも登場してました(左写真)。


●面白かったのが、「携帯切ってください」メッセージがホール内の壁に、投影文字で表示されてたこと。こんな感じ。もちろん開演直前には消えます。

Phone_off_en

 帰路、ポツダマープラッツ駅に向かう夜景はこんな感じ。東西分裂時代はあり得なかった光景でこちらも隔世の感。と言っても、もちろん、東西分裂時に、ここを直接見たことはありませんが(爆)。

Potsnight

 以上、お登りさん、ベルリン・フィルを聴く、でした。

« ベルリン滞在中です | トップページ | ムジークフェライン・ザールでウィーン交響楽団を聴く »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20631/17678467

この記事へのトラックバック一覧です: フィルハーモニー・ホールでベルリン・フィル定期公演を聴く:

« ベルリン滞在中です | トップページ | ムジークフェライン・ザールでウィーン交響楽団を聴く »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アルバム(作ってみました)