サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« 「細野晴臣と地球の仲間たち」に行く | トップページ | N.ヤング 76年名古屋公演 / WET SHOW »

2007.07.30

2007 Crossroads Guitar Festival を Webcast で見る

 生中継中は爆睡してたので。再放送で見ました。現在再々放送中で、数日は無限ループでキャストしてそうです。

Cgf07webcast

●クラプトンのステージのセット・リストは下記の通りでした。メンバーは06/07ツアーと同じ。

 ECを紹介する進行役の地元シカゴ出身の俳優ビル・マーレイは、頭はカーリーヘアーの鬘、サングラスに、ちょび髭という、クリーム時代のECに変装してました。しかも手に持っているのはサイケペイントのSG、って、ちょ、あんた、それ本物・・・そんな軽々しく持っていいのかい・・・そんなトホホなビルのお姿は、ハニカムにあるクラプトン・ブログ8月2日のエントリーでご覧になれます。

01 Tell The Truth
02 Key to The Highway
03 Got to Get Better in a Little While
04 Isn't It a Pity
05 Why Does Love Got To Be So Sad
06 Little Queen of Spades

07 Who Do You Love (with Robbie Robertson)
08 Further on up The Road (with Robbie Robertson)

09 Pearly Queen (with Steve Winwood on Organ)
10 Presence of The Lord (with Steve Winwood on Organ)
11 Can't Find My Way Home (with Steve Winwood on Organ)
12 Hard To Cry Today (with Steve Winwood on Guitar)
13 Dear Mr. Fantasy (Winwood Only)
14 Cocaine (with Steve Winwood on Guitar)
15 Croosroads (with Steve Winwood on Guitar)

ECは、他に、トリを務めたバディ・ガイのセットのラスト2曲に参加。オープニングのソニー・ランドレスのセットでも1曲参加。

●最大の驚きは4曲めの Isn't It a Pity でした。ジョージが生きていたら、おそらくこの日のステージにいたことでしょう・・(涙)。
 この曲をセット・インさせたECの気持ちは・・・単に「そうだ。あれもやってみよ、っと」だったりして。



(追記)
Webcast の音質は、5月の Countryside Rocks の時よりずっと良かったです。

 ウィンウッドが参加した9曲目以降は、セットリスト的には5月の Countryside Rocks の再現でしたが、演奏は今回の方が強烈な印象を受けました。まあ、今回はバックが ECのツアー・メンバーだったわけですが(しかもドラムはツイン)。
 EC、ドイル、デレクが引っ込んだ Dear Mr. Fantasy もウィークスとジョーダンはそのまま弾いてました。

 Pearly Queen でデレクのスライドが唸りまくったり、Presence of The Load の中間部のリズムを刻むのがデレクとドイルだったり、Hard To Cry 後半のジャム風な盛り上がりなど聴き所満載。ギターを立て弾きするドイルとか(笑)。
 POTL の中間部後のヴォーカルは、どちらが取るか混乱した感じでそのままダブルヴォーカルで行っちゃった様に聞こえましたがちゃんと打ち合わせしたんでしょうか(笑)(Countryside Rocks では、最初がECで、Everybody knows...のヴァースからウィンウッドに変わるという形でした)。

 驚いたのがウィンウッドのギターが素晴らしかったこと。オルガン奏者のイメージが強かったので新鮮な驚きでありました。

 ロビー・ロバートソンについてはどういう経緯であそこに登場することになったのかまったく想像できません。ラスト・ワルツでご招待受けた御礼ですか(笑)。Who Do You Love は、シャッフル・リズムが効いたボ・ディドリー調でした。

EC以外のセットでも、デレクのバンドにゲスト参加してHighway 61 を弾くJ.ウィンターや、R.クレイ・バンドにゲスト参加するBB.キング(舞台脇でそれを見るEC)や、アルバート・リーとS.クロウが一緒に It Makes You Happy をやったりとか、W.ネルソンとS.クロウの On The Road Again とか、お祭りならではの見所たくさん。シェリルとECの Tulsa Time もあった模様ですが自分は見逃しました(泣)

 フェスティバル全体の時系列的な進行は、こちらで確認できます。

 当然DVD化されると思いますが、はたしてどこまで収めきれるやら・・・・

(追記)
 シェリル・クロウとECの Tulsa Time 無事みれました。
 演奏はちょい緩め。マイク挟んで向かい合ってデュエットするお2人でしたが、いろいろあったらしいお2人のこと、ECは照れて途中で面をはずしてしまったような。こういうときは女のほうが肝が据わってますなあ・・・

(追々記)
 WHERE'S ERIC! によると、DVDリリースは11月6日だそうです。収録曲は未定。

« 「細野晴臣と地球の仲間たち」に行く | トップページ | N.ヤング 76年名古屋公演 / WET SHOW »

Clapton」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

コメント

これが↓↓近所のスーパーの「日曜タイム・サービス」と交換に・・・

>09 Pearly Queen (with Steve Winwood on Organ)
>10 Presence of The Load (with Steve Winwood on Organ)
>11 Can't Find My Way Home (with Steve Winwood on Organ)
>12 Hard To Cry Today (with Steve Winwood on Guitar)
>13 Dear Mr. Fantasy (Winwood Only)


失った物の代償が如何に大きいか、実感っ!
(さっき再放送でも、同箇所を泥酔で見逃しっ!泣くに、泣けない!呆)

>すろはんさん

最初の見逃しは仕方なし。
2度目の見逃しは(以下自粛

ま、DVDを楽しみに待ちましょ。(^^;

こんにちは。
先日お知らせしたURLからは、
ダイジェスト19曲しか見られなくなったようですが、
こちらから、クラプトンのPhotoをポチっとやると、
全長版が見られるようです。
(ご存知だったらスイマセン。)
今、2度目のJeff Beckを見ています。
いつまで見られるんでしょうか?

肝心のURL、載っけてませんでした。失礼!
http://entertainment.msn.com/video

RTさん、まいど、どうも。

おかげさまで2回しできました。

>ダイジェスト19曲しか見られなくなったようですが、こちらから、クラプトンのPhotoをポチっとやると、全長版が見られるようです。

これは貴重な情報どもです。
帰宅したらトライしてみます。

EC編は録音済みですが、まだ録りたい分があるんで、もうちょっと粘ってみようかと。

でもオンデマンドでないので、時間勝負ですね、こりゃ・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20631/15943114

この記事へのトラックバック一覧です: 2007 Crossroads Guitar Festival を Webcast で見る:

» ビル・マーレイ、ゴルフカートを飲酒運転? [エンタメニューススクープ!]
ゴースト・バスターズ以来あまりお目にかかっていないように感じてましたが、ビル・マーレイ氏の作… [続きを読む]

« 「細野晴臣と地球の仲間たち」に行く | トップページ | N.ヤング 76年名古屋公演 / WET SHOW »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アルバム(作ってみました)