サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« Neil Young / Live at Massey Hall 1971 | トップページ | 第2回クロスロード・ギター・フェスティバル »

2007.03.18

J.J. Cale が クラプトンのサン・ディエゴ公演に参加

●3月15日のサン・ディエゴ、ipayOne Center でのクラプトン公演に、噂通り(笑)、J.J. Cale が参加しました。
 写真付きのレポートはこちらで見れます。

 J.J. Cale が参加して演奏したのは The Road To Escondido から Anyway the Wind Blows, Don’t Cry Sister Cry, Who Am I Telling You の3曲のほか、After MidnightCacaine でも参加したそうです。

 写真を見る限り Sit Down セットで、J.J.が参加したように思えます。Driftin' で始まる例のセットは、この日はナシかもしれません。

 自分の車で行けるところにしか行きたがらないらしい J.J. Cale ですから(笑)、おそらく、この日が one and only の参加と思われます。いいなあ~

●リンク先のレポートによると、The show was recorded for an upcoming DVD release とありますが、DVDで通常の Sit Down セットが見れないというのは、ちょっと残念な気がします。個人的には、サン・ディエゴ のJ.J.パートは、ボーナス・トラックにして欲しいです。
 まあとにかく、当ツアーのDVDが見れるらしいのでホッとしてます。

 この公演、私の知人が見に行ってるんですが・・・・羨ましい。写真くれるかな(笑)



(追記)
 当日のセットリストがいまいち不明でしたが、Where's Eric によると、Sit Down セットは以下の通りです。
 J.J.の参加は Sit Down セットのみでした。
 
-Sit Down Set (w/ J.J. Cale)-
Anyway The Wind Blows
After Midnight
Who Am I Telling You?
Don't Cry Sister
Cocaine

« Neil Young / Live at Massey Hall 1971 | トップページ | 第2回クロスロード・ギター・フェスティバル »

Clapton」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

コメント

Satoさん
Sit Down Setでの「Cocaine」、いつもの”阿波踊りヴァージョン”(爆)もいいが、激渋な”昆布茶ヴァージョン”も結構イケルかもよん♪

>激渋な”昆布茶ヴァージョン”も結構イケルかもよん♪

名無しでも誰だかわかります(笑)
A Remark You Made....

一報を目にしたときは、After Midnight と Cocaine がお座りセットとは考えもしなかったですが、J.J.が参加するなら、そうなることは当然といえば当然なわけですなあ~

公式DVDの前に、たぶんオーディエンスソースが聴けるでしょう(願望)。

久々にEscondido聴いてみましたが、特に惹かれてなかった、Anyway The Wind Blows や Who Am I Telling You? なんて曲が、がぜん輝いて聞こえてくるというのも不思議なもんです。

Satoさん

>名無しでも誰だかわかります(笑)

あっちゃあ~~!!!
HNとメアドを埋め込むのを、すっかり忘れておったっ!(侘)
前の晩の「暴れ酒」が、未だ残って居たのかもねん♪(爆)

Satoさん、ご無沙汰しました。相変わらずの雑食ぶり、恐れ入ります。

それにしても、Sit Down Setでの"Cocaine"と"After~"とはねぇ…。信じられないセットリストですねぇ。

Satoさん人脈で「音」なんとかなりません?
(ちょっと無茶なお願い♪)

ということで。
ジャズ・アット・「マッセイ」・ホールがなぜか好きなウィルヘルム・クライバーでした。
さて、私は誰でしょう?(苦笑)

ウィルヘルム・クライバーさんはもちろんKさんです(笑)

サンディエゴはTorrentに上がるような気がします。入手したら密使を送ります。

ジャズ・アット・「マッセイ」・ホールですが、自分が最初に買ったジャズのLPです。
だいぶ前に出たミンガスのベースソロをダビングしてないJVC盤を買いそびれて以来、ずーっとさがしてたのですが、去年あっさり1000円で再発されました。
聴きましたが普通盤で充分でした。ガクッ!

この日(3/15)もとても興味ありますが、Derekが抜けた後の3/20もどんな風に変化したのか聞いてみたいですね。
(Beaconも早く聞きたいなぁ~。)

setlistは変わっていないので、隠れDoyle Fanとしては何処までDoyleが活躍しているか興味深々。
もし入手されたら是非とも私にも御願いしま~す。

さて私は誰でしょう?
そう私は隠れDoyle FanのDerek狂です。(爆)

当ブログのコメントはすべて私の自作自演です(ウソ)

>隠れDoyle Fanさん

隠れDoyle Fanは、私の調査によるとけっこういますが、「Derek狂」から判断するとUさんと思われます。間違ってたらごめんなさい。

デレク離脱後もセットリストに変化なしでしたね。
where'ericのレビューだと、スライドパートはドイルが弾いたようで、うーん聴いてみたいですね。しばらく、某Torrentはチェキラウッ!って感じですね。

流石Satoさん、正解です。

そろそろ集会しなくちゃ駄目ですね。
皆さん忙しいようですが、たまには有志の集いも必要ですよね。

じゃ,ちょっくら動きましょうかね(笑)
Olympusのデジタルレコーダだそうですので,あんまり乗り気じゃなかったんですが(爆)

手に入る事になりました。入荷したら私信入れます。

U.M.Aさん、marsさん

お二人は、NYはBeacon近辺のホテルから書き込んどるの?

すろはんさん、

> お二人は、NYはBeacon近辺のホテルから書き込んどるの?

はい、そうです。バーYogiに皆で集まってから・・・(大嘘)

なんだか、スゴいコメント量になっていますね~。
それにまたBeacon近辺に陣取る約2名もおられるようで(笑)。
Derek離脱後もECバンドの演奏の熱さは変わらないようで、これまた凄いものですね。

marsさん

>はい、そうです。バーYogiに皆で集まってから・・・

その↑↑「バーYogi」のHPを覗きに行ってきましたっ!
なんじゃ~ありゃっ!バーテンダーのお歴々お嬢達の紹介ページでの膨大な○○写真をそれぞれ拡大させながら見ていたら、鼻血が止まらなくなりますたっ!
あんなBARへ先に行ったら、ABBのLIVEが始まる前に、本当に「先にいっちゃいそうだすっ!」(呆爆)

>管理人さん
色情発言、お許しを~♪


Kazuさん

>Derek離脱後もECバンドの演奏の熱さは変わらないようで・・・

Doyleがバンドに居る限り、柔な事はこのわたすが決してさせまへんっ!(爆)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20631/14298649

この記事へのトラックバック一覧です: J.J. Cale が クラプトンのサン・ディエゴ公演に参加:

« Neil Young / Live at Massey Hall 1971 | トップページ | 第2回クロスロード・ギター・フェスティバル »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アルバム(作ってみました)