サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« サディスティック・ミカ・バンド、1回だけのライブ開催 | トップページ | 待ってくれジェームズ・ブラウン »

2007.01.25

スティング、ダウランドを歌う

●ちょっと話題遅れですが、スティングの「クラシック・アルバム」。

Love
Songs from the Labyrinth

 タイトルは、「迷宮の音楽」(SONGS FROM THE LABYRINTH)で、取り上げているのは、16世紀から17世紀にかけて活躍したジョン・ダウランド(1563年-1626年)の曲。リュート伴奏は、エディン・カラマーゾフ。

 レーベルは泣く子も黙る?クラシックの名門ドイツ・グラモフォン。発売元のサイトはこちら

スティング自身とダウランドの関わりは、82年のアムネスティ・チャリティ・コンサートで、出演した役者から「ダウランドを知っている?」と聞かれたのが最初だそうです。アムネスティのチャリティと言えば、おそらく、ロック・ファンには有名な The Secret Policeman's Ball でしょう。

 81年の The Secret Policeman's Ball は、以前発売された DVD BOX に収録されてましたが、82年のはありません。

Spb_1

 でも、スティングに、ダウランドの話をしたのは誰なんだろう・・・

●このダウランド・アルバム(ダウランド自身の書簡の朗読を含む)ですが、一曲、Robert Johnson 作とあるので、ギョっとして、思わず Wikipedia で調べてしまいました。

 ロバート・ジョンソンは、16世紀後半に殉教した英国カソリックの僧侶でした17世紀初頭から活躍した英国の作曲歌でした。

 ローマ・カソリック教会と対立し、プロテスタントの影響化にあった当時の英国国教下において、カソリック教徒であることは、体制に対する反逆であったそうです。
 そして、ダウランドもまた、カソリック教徒であったため、英国から離れヨーロッパを点々とした世俗音楽家、つまり今で言う「大衆音楽」の作曲家でした。

 CDでは、ジョンソンの曲の後のトラックが、ジョンソンについて言及した、当時の宰相ロバート・セシルへの嘆願書の朗読になってます。
 
●つうことで「クラシックは聴かん!」という人には、この手の音楽に違和感があるのは当然でしょうけど、ダウランドの曲は当時のポップス。何もかしこまって聴くことはないわけです。曲想、アレンジ、歌詞は我々の時代のポピュラー音楽よりはるかにシンプルです。Come Again なんて素晴らしい曲です。

 公式サイトからサンプルが聴けるリンクがあるので、興味が涌いてきた方はどうぞ。

 ぐだぐた前置きが長くなりましたが、実は、一部の例外をのぞいてまだCDは買ってなくて、サンプルを聴いただけですが悪くないです。来週にでも買います。ダウランドのCDは2枚持ってるだけで、そんなに熱心に聴いてきたわけではないのですが、まあ良い機会なので、ちょこっと首突っ込んでみようかなと。

●で、その一部の例外が何かというと iTunes 限定配信らしい3曲(ライブ)。
 曲目は、(1)Fields of Gold、(2)Hell Hound on My Trail、(3)Message in a Bottle で、何と、2曲目 Hell Hound on My Trail、我らが「本物の」ロバート・ジョンソンの曲。
 ECも Me and Mr.Johnson(のラスト)でカヴァーしてますが、スティング・ヴァージョンの方が全然カッコイイです。そういえばあんまり聴いてないな、Me and Mr.Johnson・・・

 たったの300円で有名曲2曲+R.ジョンソン(紛らわしいけどブルースの方)も聴けるので、PC に iTunes環境のある方は、ポチっといかがでしょう。
 
 Youtubeにあちらのテレビに出たときの映像があるので、とりあえず最後に控えめに書いときます。



 CD買いました。
 解説によると、スティングにダウランドを教えたのは、ジョン・バードというイギリスでは有名な役者さんで、スティングは翌日、ジュリアン・ブリーム伴奏のピーター・ピアーズのダウランドの録音を探し出したそうです。

 イギリスでんなぁ。

« サディスティック・ミカ・バンド、1回だけのライブ開催 | トップページ | 待ってくれジェームズ・ブラウン »

Sting」カテゴリの記事

クラシック音楽」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20631/13649251

この記事へのトラックバック一覧です: スティング、ダウランドを歌う:

« サディスティック・ミカ・バンド、1回だけのライブ開催 | トップページ | 待ってくれジェームズ・ブラウン »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アルバム(作ってみました)