サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« クラプトン日本公演2006 東京10日目(最終日) | トップページ | THE BEATLES / LOVE »

2006.12.11

デレク・トラックス、EC USツアー 2nd Leg の一部を離脱

 2007年2月28日、テキサス州ダラスの American Airlines Arena 公演から開始される、クラプトン・バンドの USツアー 2nd Legですが、これまで素晴らしすぎる演奏を披露したデレク・トラックスは、3月18日、カリフォルニア州サン・ノゼの HP Pavilion 公演をもって、バンドから離れることが発表されました。
(THE DEREK TRUCKS BAND 公式サイトNEWS "Clapton Tour 2007" より)

 これは、THE ALLMAN BROTHERS BAND 恒例の、NY州 Beacon Theater での連続公演とのスケジュールの重複によるもので、デレクは当然のことながら、本来自分が所属するオールマンズとのコンサートを優先することになったわけです。

 デレクの離脱により、3月20日、カリフォルニア州サクラメントの Arco Arena 公演以降、4月6日、オハイオ州コロンバスの Schotenstein Center 公演までの12公演(2Leg 全公演の半分)は、デレク抜きで行われることになるため、セットリスト等に変化が生じるものと思われます。

« クラプトン日本公演2006 東京10日目(最終日) | トップページ | THE BEATLES / LOVE »

Clapton」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

コメント

やはりそうでしたか。
DTB Siteを見ていたのですが、さっぱり意味分からずSatoさんのお陰で解決出来ました。
結果として嬉しいのか?寂しいのか?分からない複雑な気持ちです。
でもまた時期が来ればECとやってくれる事を祈りましょう。

U.M.A さん、どうも。

>結果として嬉しいのか?寂しいのか?分からない複雑な気持ちです。

ですね。

Hittin' The Web のフォーラムに、

For you fans on West Coast, don’t miss this tour. It is getting better each night.

と書いてる人がいますが、EC バンド、演奏の度に熟成に熟成を重ね、ジャパンツアーで1つのピークに達したような気がします。

でも、今のオールマンズにデレクがいない、というのはあり得ないので(笑)、残念ながら離脱は仕方ないですね。
インタビューで、「ECにまた誘われたら、喜んで参加する」旨答えてるそうなので、そのときを期待しましょう。

・・・そうなんですか。私はがっかりです・・・
Ericも内心がーっかり・・・ではないでしょうか?
だって、D&Dのプレイを目を細めて楽しんでいましたもの・・・。
あのLittle Queen of Spadesのソロが聴けなくなっちゃうなんて。
US tour 2nd leg 参加予定の皆さん、残念でした。

でもまた別のスーパーマンが現れるのでしょうか?
それも素敵なことですね。

デレクの不在は確かに残念です。

でも、ですね・・・

ドイル君がECバンドに初参加した前回のツアー(残念ながらジャパン・ツアーはありませんでしたが)では、ECバンドの素晴らしい演奏に大喝采だったわけです。
もちろん、バンドの演奏に「喝!」を入れた最大の功労者はドイル君だったわけです。

ということで、「スーパーマン」はすでにいるドイル君です!セットリストも新鮮なものになるでしょう。

3月20日以降の公演に期待しましょうではありませんか、皆さん。

ジョー・ウォルッシュを呼べ!

アメリカツアーなら、ジョーを呼んでやってください。
デュアン・オールマン直系のオープンE(G?)でガンガン弾いてくれ!そしてコンサート中盤で「ロッキー・マウンテン・ウエイ」が炸裂!

ジョーがだめなら失業中のドン・フェルダーでもOK。

とにかくドミノスナンバーを続けるなら、スライド奏者は必要不可欠でしょう。

デレック&ブルムホールⅡさん、

スライド絡みのドミノス曲が抜けちゃうとしたら残念ですね。

ジョーは好きなプレイヤーです。
しばらく聴いてなかったのですかさずiPodで聴いちゃいました。
ジョーは例のCrossroads Festival にも参加してるんですね。熱演でびっくりしました。
ただECバンドへの参加はどうでしょうか・・・・

でも、たしかに、メンバー補充しない、とは発表してないんですね。
スライド弾き参加の可能性はゼロではないかも。

今のところは、デレクだけ抜けてそのまま、というのがオッズ1.1倍くらいと思います(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20631/13022608

この記事へのトラックバック一覧です: デレク・トラックス、EC USツアー 2nd Leg の一部を離脱:

« クラプトン日本公演2006 東京10日目(最終日) | トップページ | THE BEATLES / LOVE »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アルバム(作ってみました)