サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« クラプトン日本公演2006 埼玉 プラスα | トップページ | 埼玉でクラプトンは言いました、“Next week”と »

2006.12.03

クリント・イーストウッド / 「父親たちの星条旗」

 見てきました。クリント・イーストウッド監督作品「父親たちの星条旗」(原題:FLAGS OF OUR FATHERS) 。言葉を失う素晴らしさ。

 正直、もう一度映画館で見てみたいと思いました。日本軍兵士の側から描いた兄弟作「硫黄島からの手紙」も絶対見ます。当然DVDが出たら買います、イーストウッド様。

 以下、ネタバレありなので、これから映画館に行く予定の方はご覧にならないように。

Flagsofourfathers_1

●映画は、非時系列的に、すなわち、

(1)硫黄島に向かう米軍兵士、島での戦闘と摺鉢山攻略まで
(2)摺鉢山で星条旗を掲げた兵士3人が帰国後の戦時国債キャンぺーンに連れ回され翻弄される姿
(3)兵士の一人を父親に持った男の回想

が、入り組んで進行していきます。

 印象に残ったのが、戦場場面の燻し銀のようなシーンの数々。

 戦車が吹き飛ぶような激しい戦闘から、自決した日本軍兵士の残骸、衛生兵に運ばれていく兵士・・・
 特に、摺鉢山占領後に一兵士が、摺鉢山頂からアメリカ軍の上陸した翁浜を見下ろすシーンは息を飲むような美しさです(島で現実に起きた悲劇を思えば「美しい」と言う言葉は不適当かもしれませんが・・)。

 プログラムによると、戦闘シーンは、アイスランドで撮影されたそうですが、いくつかのシーンは実際に硫黄島で撮影されたそうです。CGを使用しているのでしょうけれど、ギミックな印象などまったくありません。

●「戦争映画」ですから、兵士は軍服(つまり同じ外見)で登場するわけで、日本版では鑑賞上の配慮からか、核となる人物の登場シーンで、軍隊での役職と氏名が字幕で説明されます。

 でも、それはむしろやるべきでなかったという気がします。
 硫黄島から本国に戻り、戦時国債キャンペーンにかり出された3人が誰で、島で戦死あるいは生き残ったのが「誰であるか」の把握は、この映画を見る上ではささいなことに過ぎないというか。
 自分は各人物の「氏名」と「戦場」で誰に何が起こったかの対応関係を、曖昧にしたまま最後までこの映画を見て、大いに胸揺さぶられました。

 プログラム掲載の蓮實重彦氏のレビュー「戦場の暗闇に消えていく声」、に以下のような記述があります。


「有名」な写真である摺鉢山頂上の星条旗掲揚を、誰の記憶にも残ることのない「無名」の兵士の側から描いたこの映画は、「有名性」と「無名性」との関係をめぐるまったく新たな形式のフィクションとなっており、これまでのイーストウッドの作品のどれにもまったく似ていない。


 摺鉢山占領後のわずかな休息シーンで終わるラストは本当に美しいです。

 それにしても、イーストウッド映画の冒頭で、黒いスクリーンに Malpaso Productions の文字が浮かび上がる瞬間ってゾクゾクします。

●しばしば、薄っぺらな内容でうんざりさせられることが多い映画の有料プログラムですが。
 本作のプログラム(700円)は、通常のキャスト、ストーリー紹介やスタッフ・クレジットの他、上述の蓮實氏のレビュー、実際に硫黄島を取材したことのある宮嶋茂樹氏への「報道カメラマンインタビュー」、白石光氏の「考察「硫黄島の戦い」」、梯久美子氏の「硫黄島レポート2006」、詳細なプロダクション・ノート等々、内容充実で、出費に値する物です。



 映画は摺鉢山占領までを描いて終わりますが、現実の硫黄島戦は、アメリカ軍の摺鉢山占領で終了したわけではなく、摺鉢山占領までは、硫黄島戦の1/6程度に過ぎないそうです。

 硫黄島の戦史、現在の硫黄島については、「硫黄島探訪」という素晴らしいサイトがあるので、もしご興味あればご覧ください。

« クラプトン日本公演2006 埼玉 プラスα | トップページ | 埼玉でクラプトンは言いました、“Next week”と »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20631/12923851

この記事へのトラックバック一覧です: クリント・イーストウッド / 「父親たちの星条旗」 :

« クラプトン日本公演2006 埼玉 プラスα | トップページ | 埼玉でクラプトンは言いました、“Next week”と »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アルバム(作ってみました)