サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« クラプトン日本公演2006 札幌 | トップページ | クラプトン日本公演2006 東京5日目 »

2006.11.28

EC 2006 ジャパン・ツアーの Outside Woman Blues

 ジャパン・ツアーで突然演奏された Outside Woman Blues ですが。

 正統派の音楽知識をいつも私に提供してくれる S さんが、オリジナルの Blind Joe Reynolds のヴァージョン(1929年のパラマウント録音)を聴かせてくれました。

 単音で弾いてるイントロ部分は、Raynolds 版と同じ。ECバンドのジャパン・ツアー版は、全体的にオリジナルにかなり近い演奏なんですねえ。ふむふむ。クリームのカヴァーで耳タコの「ジャジャジャ、ジャジャジャジャ、ジャーン、ジャーン」(お粗末な表現ですみません)のリフは、Reynoldsヴァージョンでも聴けます。
 クリームのヴァージョンは、Disraeli Gears で聴けます。Reynoldsのヴァージョンは・・・・ディスク売ってねーぞ、コラ!

Disraeli Gears
Disraeli Gears

 クリーム時代の Crossroads や Outside Woman Blues のカヴァーは、原曲の雰囲気を留めないようなパワフルかつ斬新なアレンジで、まさに Renovation of Blues という感じでしたが、94年に出したブルース・カヴァー集 From The Cradle(信じがたいことに日本盤はほぼ廃盤状態!) では、ほとんどオリジナルヴァージョンに準拠した演奏でした。

 活動時期としては、30年近い隔たりがあるわけですが、、ブルースへのアプローチの違いは、なんとも興味深いです。

 以上、お勉強でした。

 さて、明日は武道館2nd leg 初日(変な表現ですが)
 セットリスト上のサプライズだけがコンサートの楽しみではないと分かってはいるものの、やはり何か飛び出すんじゃないかと期待してしまいます。ドミノスの曲復活で驚かされている今回のツアーですが・・・・まさか・・・

(追記)
 コメント欄にReynolds の録音が聴けるディスクの情報をいただきました。30秒ほどのサンプルが聴けるサイトのリンクも有りますので、Reynolds ヴァージョンに興味の有る方はご覧ください。
(情報ありがとうございました)

« クラプトン日本公演2006 札幌 | トップページ | クラプトン日本公演2006 東京5日目 »

Clapton」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~(^^)/

Reynoldsヴァージョンは「Paramount Masters」という4枚組があります。
以下のサイトで30秒ほどですが試聴できます。Disk-1の(7)です。

http://www.cduniverse.com/search/xx/music/pid/6715054/a/The+Paramount+Masters.htm

おー、CD出てましたか!
情報ありがとうございます>fujiiさん

私の探し方がヘボヘボでした。
でもcduniverseってまだあったんですね。

戦前のポピュラー音楽のコンピレーションという感じのセットですが、Reynolds だけのCDって出てないんでしょうか。P-VINEあたりから出てても不思議じゃない気がするのですが・・・

Reynoldsのブルース史上の位置づけってどんな感じなんでしょうねえ。自分は古典ブルース方面の知識がダメダメなもんで。
(^^;ゞ

どうも、ありがとうございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20631/12857425

この記事へのトラックバック一覧です: EC 2006 ジャパン・ツアーの Outside Woman Blues :

« クラプトン日本公演2006 札幌 | トップページ | クラプトン日本公演2006 東京5日目 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アルバム(作ってみました)