サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« 買い物とストレス発散 | トップページ | ちょっとハーディング指揮マーラー・チェンバー管公演に行ってみました »

2006.10.07

「ヨイトマケの唄」

 先日書いた、細野晴臣の「東京シャイネス」初回盤に収録のハイド・パーク・ミュージック・フェスティバル@狭山の中で、細野氏が、1曲目の「ろっかばいまいべいびい」を歌った後、今のは西岡恭蔵に捧げますと言い、続いて2曲目、私の大好きな「僕は一寸」を、「次の曲は高田渡に捧げようかな」と言って歌い出したのには少し驚きました。テレビで放送されたときは、この2つのトリビュートの言葉はカットされていたので。

 ということで、ふと久々に、映画「タカダワタル的」に収録されている高田渡晩年(2003年)の下北沢スズナリ公演が見たくなり、DVDを見たのですが、ゲストで登場した、蛭子能収の歌う「ヨイトマケの唄」を聴いて泣いてしまったのでした。細野→高田→蛭子(美輪明宏)という連鎖も摩訶不思議?ですが・・・

タカダワタル的 memorial edition
タカダワタル的 memorial edition

 私、恥ずかしながら、この「ヨイトマケの唄」、誰が歌うのを聴いても泣いてしまうんですな。

 蛭子さんの歌は、正直、音痴×リズムぐたぐたで、バックが合わせるのを苦労しているくらいですが、聴き手を揺さぶる説得力はすごい。つくづく音楽というか「うた」の力というのはスゴイのだなあ、と。

 なんかとりとめのない書き込みになりましたが、今週はちょっとバテ気味でして。体調よろしくなし。
 書きたいことは無秩序にチョロチョロあるので、連休に少しでも書ければ。
 

« 買い物とストレス発散 | トップページ | ちょっとハーディング指揮マーラー・チェンバー管公演に行ってみました »

好きなうた」カテゴリの記事

日本のロック」カテゴリの記事

コメント

東京シャイネスやっと観ることができました。すべて車中ですが・・・。ボーナストラックは笑ってしまいましたが。
高田渡といえば,吉祥寺のおでん屋さんに亡くなる1週間前に書いたというスケッチブックの1ページに書いた言葉が残ってました。急死だから自分の死を知っていたわけではないのですが,死を暗示するような言葉でした。内容は,忘れてしまいました「○○でごめんね」という感じだったと思うのですが。

脇見運転注意してね>ほちょのサン

高田渡はああいう健康状態だったから、見かけは飄々としてても、いつも自分の最期というのを意識してたんでしょうね・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20631/12179708

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヨイトマケの唄」:

« 買い物とストレス発散 | トップページ | ちょっとハーディング指揮マーラー・チェンバー管公演に行ってみました »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アルバム(作ってみました)