サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« クラプトン日本公演2006 カウントダウン1(セットリストを振り返る) | トップページ | サディスティック・ミカ・バンド / NARKISSOS(ナルキッソス) »

2006.10.25

ルツェルン・フェスティバル・イン・東京 2006

ルツェルン・フェスティバルの引っ越し公演に行ってまいりました。

Lucerne2006tokyo_1

  10月18日 於サントリー・ホール
  アバド指揮ルツェルン祝祭管弦楽団
  ブラームス・ピアノ協奏曲第2番(ピアノ:ポリーニ)
  ブルックナー・交響曲第4番

 クラオタの方々には周知すぎるものの蛇足ながら説明しますと、このオーケストラは、スイスのルツェルンでのフェスティバルの期間だけ、ヨーロッパの著名オケ等のメンバーと、普段はソリストとして活躍してる奏者が集まって結成する、まあスター軍団というやつで、常設のオーケストラではありません。
(今回は、本拠のルツェルンでやるときよりメンバーは落ちましたが、それは仕方ないでしょう)

 ということで、大変有名なフェスティバルですが、例によって、チケ取り合戦、値段高に萎えて、全然行く気無かったのであります。

 ところが。

 直前に、スカパー!のクラシカで、このフェスティバルのドキュメンタリー(『トスカニーニからアバドへ~ルツェルン祝祭管弦楽団の歴史』)を見て邪悪な欲望がむくむく沸き上がって来ました。

 「行きたいな・・・・」

 もちろんここ数年、毎年NHKで放送されている公演が素晴らしかったというのもありますが(DVDも数枚出てます)。とはいえ、公演直前に残ってる席は、一番高い席しかなく・・・

 行っちゃいましたw 財布号泣。我がイベント出費歴では、2002年W杯準決勝に次ぐ第2位にランクイン。トホホ。

●で、感想。

 ブラームスはあまり好きな曲ではなく、自分から聴きたいと思うことはあまりないのですが(オイオイ)、残念ながら今回も冷めた聴き方しかできませんでした。昔は好きな曲だったんですけどねえ。 
 正直、もうかなーり前にFMで聴いた、ポリーニ/サヴァリッシュ/N響の公演の方がスリリングで、自分の印象ではその時ほど夢中には聴けなかったです。

 ただ、第3楽章のチェロのソロ主題再現の前あたり~主題再現後しばらく(適当でスマンです)、ピアノの弱音が続くところは非常に美しかったです。

 ブルックナーは、ブルックナーらしくない?ブルックナー。金管がガンガン鳴りまくるような、ゴツゴツしたブルではなかったですね。

 第1楽章、トレモロの冒頭からクレッシェンドしていき、オケの全奏で主題が鳴る箇所でも、トランペットはさりげなくオケに加わる感じで、ファンファーレのようにド派手に鳴ることもなし。ちと物足りないくらい。

 ただし、オケのテンションは超強烈。

 びっくりしたのが、第3楽章のスケルツォ主題が戻る直前の箇所で、アバドが、「これでオケがついてこれるんかいな?」、と思われるような猛烈なアッチェレランドをかけること。名手揃いの木管セクションが必死にそれに応えるあたり、見ていてかなりスリリングでした(実際、弦楽セクションも含めて縦のアンサンブルは結構乱れてましたが)。

●終演後は、オケが退場してから、アバド1人だけ呼び出されること2回(いわゆる一般参賀)。大変感動いたしましたです。
 まあ、音楽なんで好みはあるでしょうけど、この演奏聴いて不満ありありという人は、正直音楽聴くの止めた方がいいんじゃないのみたいな。

 出費のことは忘れましょ。

 クラシカで見たドキュメンタリーによると、世界中の大都市から招聘要請があるそうです。引っ越し公演は、去年がローマ、今年は東京。来年はニューヨークと。
 つうことで、このオケ、基本的には、8月にルツェルンでしか聴けません。あとは引越し先までお付き合いするかのどちらか。

 アバドは今年73才、健康状態が常に心配されますが(胃癌で胃全摘。復帰直後はショッキングなくらいの激やせ)、元気そうでした。

 終演後、会場を出るとオケのメンバーもちょうど出てきたとこ。ヴィオラのクリストが捕まってサイン攻めにあってました。ニコニコ応じてましたがw

 出来ればルツェルンまで聴きに行きたいな。無理だろけどw

 でした。

« クラプトン日本公演2006 カウントダウン1(セットリストを振り返る) | トップページ | サディスティック・ミカ・バンド / NARKISSOS(ナルキッソス) »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20631/12427009

この記事へのトラックバック一覧です: ルツェルン・フェスティバル・イン・東京 2006:

« クラプトン日本公演2006 カウントダウン1(セットリストを振り返る) | トップページ | サディスティック・ミカ・バンド / NARKISSOS(ナルキッソス) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アルバム(作ってみました)