サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« ブラインド・フェイス London Hyde Park 1969 DVD のピッチについて | トップページ | ルツェルン・フェスティバル・イン・東京 2006 »

2006.10.22

クラプトン日本公演2006 カウントダウン1(セットリストを振り返る)

 カウントダウン2以降があるかどうかわかりませんが、とりあえず、2006-2007ツアーのセットリストのおさらいをしてみましょう。ツアーのセットリスト全体はこちらをご参照ください(USツアーのみ)。

1 ツアー当初

 最新アルバム、Back Home の発売からしばらくして始まった当ツアー。
 
 ECの常ですが、ツアー開幕当初は最新アルバムからの曲が結構演奏されてました。
 ツアー・ブックには、WORLD TOUR 2006/7 としか書かれていませんから、公式には Back Home Tour と呼ぶのは間違いだと思います。日本公演のチケットにも Japan Tour 2006 としか書かれてません。

 ただし、ドイツ公演のチケットには Back Home の文字がありました。

Ec2006ticket

 Back Home 収録曲 で、演奏された曲を振り返ってみると、

 So Tired
 Lost And Found
 Run Home To Me
 Revolution
 Back Home

 と 5曲が演奏。ただし So Tired と Back Home 以外は日替わりで、しかも、その2曲以外はあっという間に消えましたw

 ドミノス曲は、Anyday と I Am Yours がツアー当初から登場で、ファン狂喜。どちらもデレクのスライドを前提に登場したのは明らかでしょう。
 ただし、Anyday は Let It Rain と日替わりだったりで。5月にして、「半年後に自分が行く日に Anyday が聴けるのかガクブル」といった早すぎる心配も。

 Got to Get Better in a Little While は、前回ツアーからの継続登場。

2 消えた Back Home 収録曲

 So Tired と Back Home 以外はあっという間に消えました。オイオイ!

 代わりに登場したのが、Let It Rain や Bell Bottom Blues、そして前座のR.クレイを参加させての Old Loveですが、現在まで残っているのは Old Love だけ(Let It Rain はその後ちょこっと再登場)
 Bell Bottom Blues に至っては殿ご乱心的に登場し、演奏も生煮えのまま即消滅。オイ!

 そして、ついに7月18日ブダペスト公演からは、So Tired も消滅。オイオイオイオイ・・・・・トホホ

 Back Home 収録曲以外で、当初演奏されながらツアー初期に消えた曲は、Milkcow Blues

3 おっとビックリ何十年ぶり登場曲・復活曲

(1) Why Does Love Got To Be So Sad

 これに狂喜せずに何に驚きましょう。5月23日のRAH公演で初登場(ただし毎公演は演奏されず)。

 生で演奏されるのは、たしか1975年のワールドツアー以来31年振り(だったと思う)。しかも、デレクとの美しいギターの絡み合いが聴け大いに喜ばせたのもつかの間、6月4日のシュトゥットガルト公演を最後に消滅。オイ!

(2) Further On Up The Road

 狂喜はしないものの、「なんと、それできたか!」と思わせたのが、これ。
 演奏されたのは80年代のツアー以来だと思います。6月20日のプラハ公演から登場し、USツアー開始後も続く。

 ただし、アレンジは以前のアップテンポのバージョンとは全く異なり、ミドルテンポのボビー・ブランド・ヴァージョンで、個人的には結構気に入ってます。

(3) Anyday

 10月4日のボストン公演2日目から、ずーっと演奏されてきた Everybody Oughta Make a Change(これもデレクのスライドが生えるレア曲)に代わって久々復活。気まぐれエリック。現在に至る。

(4) Key to the Highway と San Francisco Bay Blues

 10月18日、アラバマ州バーミンガム公演で、これだけは最後まで不変と思われた、Back home & I am Yours に代わり突然登場。あーあ、Back Home まで消えちゃった・・・・ついにBack Home 収録曲ゼロ・・・

 前者のヴォーカルは2人で分け合ってますが、もう1人は誰?
 後者では、ドイルがハーモニカを吹いてますが、なんと、EC自ら、KAZOO(ブーブーなるオモチャみたいな笛)まで吹いてます。トホホ。

 個人的には、Back home & I Am Yours のコンビの方がずっと良いですなあ・・・


 ということで、来日公演でのセットリストはまだまだ油断ならん、といったとこであります。Why Does Love Got To Be So Sad 復活希望!

 下の写真(クリックすると拡大版が見れます)はツアーブックの最終ページに載ってる写真です。黒のストラトばかりですが、ES-335が一本見えます。ES-335は、10月18日のバーミンガム公演の一部で実際に使用されました。

Ecguitar2006

 でした。

« ブラインド・フェイス London Hyde Park 1969 DVD のピッチについて | トップページ | ルツェルン・フェスティバル・イン・東京 2006 »

Clapton」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20631/12382386

この記事へのトラックバック一覧です: クラプトン日本公演2006 カウントダウン1(セットリストを振り返る):

« ブラインド・フェイス London Hyde Park 1969 DVD のピッチについて | トップページ | ルツェルン・フェスティバル・イン・東京 2006 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アルバム(作ってみました)