サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

聴け!

無料ブログはココログ

index

« クラプトン新譜 / The Road to Escondido | トップページ | 細野晴臣 / 東京シャイネス DVD その1 »

2006.09.21

ブラインド・フェイス の DVD / London Hyde Park 1969

 この伝説的コンサートのDVD。先にPAL版が発売されてましたが、NTSC版がようやく出ました。

London Hyde Park 1969 (Ws Dol)
London Hyde Park 1969

 ただし、日本国内では販売に際し、一騒動?あり、大手の通販サイトでは、いったん受け付けた購入申込が、先日一斉にキャンセルされたようです。
 キャンセルの原因ですが、このDVD、カバー裏には No Regional Restriction と書いてあるのに実際はリージョン1というトンデモ盤なんですな。

 自分は、米amazonから買ったのですが、日amazonでも購入できます。

 ということで、リージョンフリー、またはリージョン1用プレーヤがあれば再生できます。その他、皆さんが普段やっているかもしれない方法wでも再生できます。とりあえず、ディスクの容量が4.1G程度ということだけ書いておきます。
 
 肝心の内容ですが、いきなり1曲目の Well all right がカット・イン。しかも、この時期のコンサート映像にありがちな忙しいカメラワークで、ステージの4人より、公園の葉っぱwとか、木の上に登って見てる兄ちゃんとか、池のボートとか、踊り狂ってる聴衆等が随所に挿入されてます。アホ踊りしてる観客写してるヒマあったらステージの4人をちゃんと撮影しなさい、コラ!

 それと、クラプトンの登場シーンが少なめなので、ECを見たい人はちょっとガックリだと思います。
 正確に計ったわけでないですが、頻繁に出てくるのは、ウィンウッドとジンジャーです。特にウィンウッド。まあ、ある意味このバンドは彼がフロントマンなので仕方ないかもしれません(ウィンウッド・ファンの方は嬉しいでしょうけど)。

 しかし、クラプトンのギターソロ中の映像が、グレッチのベースのアップ映像だったりで、編集した人は正直アホだと思います(失礼)。

 コンサート映像以外に、60年代の風俗紹介、各メンバーの簡単なバイオ。ボーナスとして、スペンサー・ディヴィス・グループ(I'm a man)、トラフィック(Hole in my shoe)、クリーム(I'm so glad)のプロモ(トホホの不完全版。しかもクリームは解散公演映像)、スチール写真(超手抜き.)等が入ってます。

 と、作品としてはいろいろ問題ありですが、この歴史的コンサートの正規盤(カバー裏に RSO のロゴもちゃんと入ってます)なので、こうして鑑賞できること自体を慶賀としなければいけませんね。

 充分楽しめます、ハイ。

(追記)
このDVD、ブログ「銀盤クローズアップ」さんの情報によると、再生ピッチが4%ほど高いそうです。

(追々記)
ピッチの問題については、こちらで検証してみました。

« クラプトン新譜 / The Road to Escondido | トップページ | 細野晴臣 / 東京シャイネス DVD その1 »

Clapton」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20631/11984095

この記事へのトラックバック一覧です: ブラインド・フェイス の DVD / London Hyde Park 1969:

« クラプトン新譜 / The Road to Escondido | トップページ | 細野晴臣 / 東京シャイネス DVD その1 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アルバム(作ってみました)